ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ナンバーを隠しても駐車禁止からは逃れられない

駐車禁止の取り締まりで車両ナンバーが見えなければ、理論上、駐車監視員は入力端末に入力ができないことになります。しかし、ナンバーを隠しても駐車禁止からは逃れられられません。駐車監視員が警察に連絡して取り締まられるのです。また、外交官ナンバーも駐車禁止の取り締まり対象になっています。


スポンサーリンク
ナンバーを隠しても駐車禁止からは逃れられない

駐車禁止の取り締まりを避けがち

警察大学校の研修資料は、警視庁及び各都道府県警察の交通取締課職員や、駐車監視員の指導者教育に用いられるもの。駐車監視員制度に詳しい事情通に資料を読み解いてもらいました。

資料には「二輪車における処理と問題について教えて下さい」という内容があります。そこには「ナンバープレート外しには、『車体番号隠し』も組み合わせて行われる場合が多い」と記載されていました。

「ナンバープレートが外される、またはカバーで不可視化されている場合、監視員は車体に刻まれた車体番号で確認をすることができる。しかし、車体番号も見えなくして放置されるケースがあるため、監視員はこれらの二輪車を発見しても、確認作業を避ける傾向がある」と、駐車禁止の取り締まりを避けがちとしています。

ナンバー隠しの駐車禁止に標章

ただし、ナンバープレートが隠れていても、実際に駐車禁止の取り締まりは行われるもの。ナンバーを隠して駐車禁止エリアに違法駐車している原付きは、車体番号があれば十分取り締まりの対象です。

実際に、ナンバーをビニールで隠してヒモで固定した原付きされている現場では、駐車標章がハンドルグリップに巻き付けられていました。また、車体番号を改ざんすると、道路運送車両法違反として処罰の対象となります。

駐車禁止とナンバーといえば、外交官特権により外交官ナンバー(青ナンバー)は取り締まられないとよくいわれます。ところが、それは都市伝説。駐車違反していれば、駐車標章もガンガン貼られているのです。

「外交特権を有する者に対する交通反則通告制度の適用」という通達もあります。しかし、実際は標章などが貼られても罰金を踏み倒すケースもあるようです。

■「ナンバープレート」おすすめ記事
駐車違反でナンバーが見えないときはどうなる?
プロが実践する偽装ナンバープレートの手口とは
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
ナンバープレートの封印がゴムホースで外れる!?

■「駐車禁止」おすすめ記事
駐車違反のステッカーを貼られない傾向と対策
駐車監視員制度になって駐車違反は減っている?
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事