ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

GPSレーダー探知機で察知できない取締りとは?

レーダー探知機は、読んで字のごとくレーダー波を探知する装置です。違反速度測定用に使われるマイクロ波10.525GHz(Xバンド)を数百m手前で察知し、ドライバーに注意を促します。そこにGPS機能を搭載したのがGPSレーダー探知機です。GPSレーダー探知機はどんな取締りが察知できるのでしょう?


スポンサーリンク
GPSレーダー探知機で察知できない取締りとは?

GPSレーダー探知機は精度が向上

ループコイル式オービスやLHシステムはレーダーを使わないため、レーダー探知機単体では察知できません。そこで、事前にオービスの位置データをレーダー探知機に組み込み、自車がオービスに接近すると警告を発するようにしました。

この時、位置データや自車位置の測位で活躍したのがGPS。こうしてGPSレーダー探知機が誕生しました。当初は液晶画面がなく、受信衛星数も少ないため精度はイマイチ。今では計59基の受信が可能になり精度が大幅に向上しています。

もちろんGPSレーダー探知機はレーダー波の受信にも対応し、レーダー式オービスやHシステムも感知。警察官が行う有人式の取り締まり「ネズミ捕り」も、光電式には反応しませんが、レーダーを使うステルス式であれば察知します。

GPSレーダー探知機でネズミ捕り

直接察知できないループコイル式オービスやLHシステム、光電式のネズミ捕りにはGPSデータで対応。ネット経由で最新情報に更新されるため、新たに設置されたオービスや最新のネズミ捕り情報にも対応します。

このほか、警察がネットや新聞で発表する毎月の「公開取り締まり情報」にも対応。データ更新でGPSレーダー探知機に表示できます。地域ごとの取り締まり指針などの情報も表示可能です。

なかには、取り締まり連絡波やカーロケ、レッカー無線などを受信すると「◯◯を受信しました」などと注意を促すタイプもあります。ただし、GPSレーダー探知機で無線の交信内容が聞けるわけではありません。

なお、パトカーや白バイが後ろにくっついて速度を測定する追尾式取り締まりは、GPSレーダー探知機では察知不能です。速度取り締まりスポットの警告などを目安に安全運転を心がけましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事