ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レーダー探知機は移動式オービスを感知できる?

警察によるスピード取り締まりは大きく分けて「有人式」と「無人式」の2パターンあります。このうち、無人式がいわゆる「オービス」です。路上に設置されたカメラと赤外線ストロボでスピード違反者を自動的に撮影します。このオービスの存在を事前に知らせてくれるのがGPSレーダー探知機です。


スポンサーリンク
レーダー探知機は移動式オービスを感知できる?

オービスを知らせるレーダー探知機

無人式の速度自動取り締まり装置であるオービスには、Xバンド(10.525GHz)のレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」。そして、近年主流になっているのが、道路に埋め込まれたループコイルによって測定する、「ループコイル式オービス」と「LHシステム」があります。

これらのオービスの存在を事前に知らせてくれるのがGPSレーダー探知機。そもそもはXバンドのレーダー波をキャッチすると警告するレーダー探知機でしたが、ループコイル式オービスにも対応するためにGPSデータを活用。オービス設置地点をあらかじめ登録しておき、GPSでその接近を知らせてくれます。

さらに、4種類のオービス加えて固定式・半可搬式・可搬式という3種類の「移動式オービス」も登場。小型で融通がきくため、事故の発生状況などに合わせて生活道路などにも柔軟に設置できるのが特徴です。

移動式オービス対応レーダー探知機

移動式オービスのうち埼玉県と岐阜県に設置された「固定式」はレーダー波で速度を計測するタイプ。ただし、ベースがスウェーデン製のため国内で使用されているオービスとは周波数が異なります。

GPSレーダー探知機は既存の4種類のオービスはもちろん、移動式オービスも設置が判明されるとすぐにGPS登録されるため、事前に把握が可能です。なかには、移動式オービスの固定式のレーダー波にも対応した最新機種もあります。

ただし、移動式オービスのうち半可搬式と可搬式は、速度測定にこれまでのオービスとは異なるレーザー式を採用。レーザー式を感知するGPSレーダー探知機は国内ではまだ発売されていません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事