ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面パトカーの危険度は赤色灯の違いで判別する

一口に覆面パトカーといっても、交通取り締まり用と捜査用では中身が大きく違います。交通機動隊や高速隊が使用する、交通取り締まり用の覆面パトカーの危険度が高いのはいうまでもありません。一方の捜査用は交通取り締まりの危険度はほぼゼロです。そんな覆面パトカーは赤色灯の位置で危険度を判別します。


スポンサーリンク
覆面パトカーの危険度は赤色灯の違いで判別する

覆面パトカーのルーフに大きなフタ

交通取り締まり用の覆面パトカーで最も見かける車種がトヨタ・クラウン(200系)。ひと昔前と違って一般車との見分けがつかないため、交通機動隊員の運転技量と相まって、あっという間に追尾・測定されてしまいます。

交通取り締まり用の覆面パトカーの特徴はルーフの真ん中から、電動で出てくる反転式の赤色灯。そのため、ルーフの真ん中に大きなフタがあります。運転席の高い大型車からは丸見えですが、乗用車からは見えないのが難点です。

グリル内には2つの前面警光灯があり、スピード測定の際はこれを光らせます。ただし、潜伏中はクルマの外観から見抜くことはほぼ不可能。このほか、リアウィンドウ上に装着してある、チョンマゲのようなユーロアンテナも特徴です。

捜査用の覆面パトカーはマグネット

また、クラウンの覆面パトカーの場合、トランクリッドにグレードエンブレムがない場合は覆面パトカーの可能性が大。ただし、エンブレムが後付けされることもあるので注意が必要です。乗車している警官のヘルメットや青い制服姿で覆面パトカーかを判別するのが確実かもしれません。

一方、取り締まり危険度が低いのが捜査用の覆面パトカー。刑事たちの足代わりなので、交通取り締まりは行いません。車種もトヨタ・アリオンやスズキ・キザシといったマイナーな車種が多めとなっています。

捜査用の覆面パトカーはグリル内に前面警光灯を装備せず、マグネット式の赤色灯を車内から手でルーフに載せる方式。助手席側から載せる場合が多いので、左側に寄っているのが通常です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事