ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官の拳銃「サクラ」は5発の実弾をフル装填

警察官は自衛官と並んで、拳銃の携帯を許可された特殊な職業。警察官による発砲事件も起きており、マニアならずとも注目している人は多いでしょう。制服警察官が装備する拳銃は自動拳銃ではなくリボルバー。ニューナンブがよく知られていますが、現行モデルは「サクラ(M360J)」となっています。


スポンサーリンク
警察官の拳銃「サクラ」は5発の実弾をフル装填

警察官の拳銃ニューナンブは絶版

「ニューナンブM60」は、1960年より警察官の拳銃として調達が開始されたミネベア製の国産リボルバー。リボルバーとは回転式の弾倉を持った拳銃のことで、制服警察官が装備するのは基本的に5連発のリボルバーです。

ニューナンブM60はすでに絶版モデル。銃身の長さに2インチ(51mm)と3インチ(77mm)があって、特に3インチの命中精度が高く、射撃大会用に選抜射手が携帯していることが多いといいます。

ニューナンブM60の生産終了後に大量導入された、S&W社製のリボルバーが「M37エアウェイト」です。アルミ合金を多用した軽量モデルですが、何発か撃つとシリンダー基部に亀裂が入る事例が頻発し、現在では調達が中止されています。

警察官の拳銃の現行モデルはサクラ

2006年以降に警察官の拳銃として調達が続いているのが「サクラ(M360J)」です。38口径リボルバーで、S&W社のM360(エアライト)をベースにした日本警察の別注モデルとなっています。

なお、一部で警察官の拳銃は「1発目が空砲」といわれますが、5発の実弾をフル装填して携帯しています。私服警察官などはリボルバーではなく小型のオートマチックを装備しますが、その場合も支給弾は5発。予備弾は携行しません。

これら警察官の拳銃を間近で楽しめるのがモデルガンと電動ガンです。外観上はほぼ同一ですが、アクティブにサバイバルゲームを楽しむならエアガン、構造のリアルさを愛でるならモデルガンがオススメです。

■「警察官の拳銃」おすすめ記事
警察官の拳銃は国産の「サクラ」が現行モデル

■「警察官」おすすめ記事
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
警察官は巡査になって給料もらいながら警察学校
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている
警察官の制服「冬服・合服・夏服」使用期間は?
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由
警察官の出世でノンキャリアはせいぜい警部まで
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
ノンキャリアの警察官の厳しい出世競争と退職金

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事