ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

速度超過に加え注意するアンダーパスの違反は?

速度違反の取り締まりは、ドライバーの不意を突いて行われるもの。それ以外のシートベルトの未装着や携帯電話の使用などの交通違反も突然、取り締まられたりします。じつは交通違反の取り締まりで狙われる場所はだいたい決まっているもの。特に、オーバーパスとアンダーパスには注意が必要なのです。


スポンサーリンク
速度超過に加え注意するアンダーパスの違反は?

速度違反のネズミ捕りが実施される

交通違反の取り締まりといえば、速度違反をターゲットにしたネズミ捕り。信号が少なくてついつい飛ばしてしまう道路がネズミ捕りではよく狙われます。加えて、違反車両を停止させてサインさせるスペースが確保できなければなりません。

このため、ネズミ捕りがよく実施される場所として知られるのが、先が見えにくいカーブや長い橋など。スピードが出やすいだけでなく、停止係やサイン会場がドライバーから察知されにくいからです。

そんな速度違反のネズミ捕りで、特に注意すべきはオーバーパスとアンダーパスになります。これは幹線道路の大きい交差点や交通量の多い交差点に設置されている高架橋や掘り下げ式の本道のこと。ついスピードを出してしまうポイントです。

白バイが追尾式の速度違反の取締り

さらに、オーバーパスやアンダーパスがネズミ捕りに好都合なのは、高架橋を下った先や掘り下げ式の本道を上った先にあるサイン会場がドライバーからまったく見えないこと。このため、速度違反で狙われやすいのです。

オーバーパスやアンダーパスで注意すべきはネズミ捕りだけではありません。白バイや覆面パトカーによる追尾式の速度違反の取り締まりもよく行われます。スピードは常に控えめにするように心がけましょう。

さらに、オーバーパスやアンダーパスは車線変更禁止の場合も多いので、速度違反以外にも注意が必要。加えてアンダーパスは上から車を見下ろせるため、シートベルトの未装着や携帯電話の使用などをチェックすることもあるのです。

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事