ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐禁は駐車監視員がステッカーを貼るまで未確定

2人1組での取り締まりが多い駐車監視員の仕事を観察すると、その動きは実にシステマティックです。違反車両を見つけると、まず1人がデジカメで証拠写真を撮影。もう1人が違反車両が止めてある住所やナンバーなどを端末に入力します。ここで、駐車監視員による駐禁が確定するタイミングはどこでしょうか?


スポンサーリンク
駐禁は駐車監視員がステッカーを貼るまで未確定

駐車監視員制度で駐禁が大きく変更

駐禁の取り締まりは、以前は警察官がカギ付きの駐禁ステッカーをドアミラーなどに取り付け、違反者を警察へ出頭させて違反キップを切るスタイルでした。そのスタイルは2006年6月にスタートした駐車監視員制度で大きく変わったのです。

駐車監視員制度により、駐禁は違反を現認した後にナンバーから判明した車両の持ち主に「放置違反金」という新しいペナルティを払わせる形に変更されました。そして、駐禁の現認を委託されているのが駐車監視員です。

駐車監視員は駐禁している車両の情報を端末に入力すると、印刷機でステッカーを出力して放置車両に貼り付け。最後に、その様子をもう1人がデジカメで撮影すれば確認作業完了となります。

ここで、駐車監視員を観察して駐禁の確定タイミングを確認してみました。まず駐車監視員がビルの前で駐車中のトラックを発見。見つけるや否や確認作業を始めます。1人が巻き尺を使って違反状況を測り始めると、もう1人は携帯端末に情報を入力。しかし、しばらくして運転手が登場。トラックを移動させてしまいました。

駐禁はステッカーが貼られたら確定

今度は交差点付近で停車中のトラックを発見。先ほどと同じ役割で取り締まりを始めた2人でしたが、やはり運転手が戻ってきてトラックを移動させてしまいました。

その後、シルバーの軽ワゴンを発見。そのまま確認作業を始めました。測量やデータ入力をテキパキと終えた2人はステッカーの印刷の準備に入ります。そして、2人が軽ワゴンを背に何やら話し込んだその時、運転手が車内へ乗り込んでクルマを移動させてしまったのです。

少し歩くと、駐禁している乗用車を発見して確認作業。一連の作業を終え、ついにステッカーの印刷作業に入ります。そして、出力したステッカーがフロントガラスに貼られました。ステッカーが貼られた状態の写真も撮影して作業は終了です。この後には運転手が戻ってきて、怒りの表情でステッカーをはがしていました。

このように、駐車監視員による駐禁の取り締まりは、確認標章と呼ばれる黄色いステッカーが貼られたら確定、貼られる前に戻れば未確定となります。とはいえ、放置車両は取り締まりの対象です。交通の妨げとなる違法駐車はやめましょう。

■「駐禁」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
路上駐車をしても駐車監視員がスルーする場所
路上駐車「故障中」貼り紙は通用する?しない?
駐車違反「放置車両確認標章」で確認すべきこと

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事