ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ナンバーを隠した車の駐禁はどうやって取締る?

駐車監視員による取り締まりは、駐車違反を現認した後、ナンバーから判明した車両の持ち主に放置違反金を支払わせるシステムです。ナンバープレートを外したり隠したりした車両の場合、駐禁の入力端末にナンバーを打ち込むことができません。ナンバーを隠した車の駐禁はどうやって取り締まるのでしょう。


スポンサーリンク
ナンバーを隠した車の駐禁はどうやって取締る?

ナンバーを外した駐禁車両の場合

国土交通省によれば、ナンバーの表示義務は駐車中のクルマにはないといいます。ということは、路上駐車してから前後のナンバーを被覆して隠せば理論上、駐車監視員は手を出せないことになります。

しかし、ナンバーを隠したり外したりした駐禁車両を見つけた場合、駐車監視員は警察に連絡するはず。悪質な駐禁に警察はファイトを燃やして張り込み、運転者が戻ってきたところを道交法違反(駐車違反)で取り締まる可能性があります。

バイクのナンバープレートが外される、またはカバーで不可視化されている場合、駐車監視員は車体に刻まれた車体番号で確認をすることが可能です。ナンバープレートが隠れていても、実際に駐禁取り締まりは行われます。

ただし、バイクのナンバー外しは「車体番号隠し」も組み合わせられることが多いもの。監視員はこれらのバイクを発見しても確認作業を避ける傾向があるようです。なお、車体番号を改ざんすると道路運送車両法違反として処罰の対象となります。

前後のクルマに挟まれた駐禁取締り

このほか、監視員は自転車と一緒に駐車しているバイクの駐禁取り締まりを避けがち。違反車両を撮影する時も、自転車が一緒に写らないように注意します。自転車が止まっているのになぜバイクはダメなのかとモメるケースが多いことが理由です。

それでは、駐禁でも前後のクルマの間にピタリと駐車してナンバーが見えない場合はどうでしょう。前後のクルマに人が乗っていて、間に挟まれたクルマのナンバーが見えなければ、3台ともセーフです。

しかし、そういう特異な状況ならやはり駐車監視員は警察に連絡するはず。警察官が臨場すれば、前後のクルマの運転者に青キップを切って移動させ、真ん中のクルマのナンバーを見えるようにして駐禁ステッカーを貼るかもしれません。

いずれにしても、駐車違反は渋滞や事故の原因となります。くれぐれも駐禁の取り締まり対象とならないよう、交通ルールをしっかり守りましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事