ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警視庁捜査一課も参入!Twitter警察アカウント

警察が使うTwitterといえば採用募集や広報のアカウントが多いなか、警視庁捜査一課が公式Twitterアカウントの運用を始めたとテレビや新聞で報じられました。反応もよかったようで、すでにフォロワー数は1万人を超えています。今回は、全国各地のTwitter警察アカウントから特徴あるものを紹介しましょう。


スポンサーリンク
警視庁捜査1課も参入!Twitter警察アカウント集

5円玉で刺さったトゲを抜くテク

警視庁刑事部捜査一課の公式アカウントは「@MPD_sousa1」。アカウント自体は1月から開設していたようですが、報道発表後のフォロワー数の伸びをみていると、順調にアクセスする人が増えているようです。

ツイート内容は、今のところ警視庁管内で起きた凶悪犯に関する指名手配情報が中心で、事件発生日や発生場所、犯人の特徴等々が細かく紹介されています。今後も指名手配情報中心なのか、はたまた別コンテンツが増えていくのか注目です。

そして警視庁といえば、忘れてはいけないのがサバイバルテクニックを紹介する警備部災害対策課(@MPD_bousai)です。最近は「5円玉を使って指に刺さったトゲを抜く」というものがありました。トゲが5円玉の内側に入るように置き、押しながらトゲ抜きで引くと、簡単に抜けてくるのだそうです。

謎かけで攻めるサイバー犯罪対策課

ここからは、警視庁以外のTwitterアカウントのなかから注目のものをピックアップしていきます。まず、不定期に謎かけ問答をツイートしているのが、2月1日からTwitterを始めたという岩手県警サイバー犯罪対策課(@Iwate_cyber)です。

「「東京2020」とかけて「バックドアから進入するハッカー」と解きます。その心は「表なし(お・も・て・な・し)」(2019年2月13日)などニヤリとするものも多く、次の更新が楽しみになります。

一方、同じ岩手県警でも交通部のアカウント(@IP_koutuu)は、県内各地で行われる公開交通取締情報をひたすらツイートしています。同じ県警内でも、部が違うだけで全然ノリが違うというのも面白いところです。


スポンサーリンク

神奈川県警には所轄アカウントも

各都道府県警のなかでも数多くのTwitterアカウントを持っているのが神奈川県警です。県警本部だけでなく平塚警察署や大磯警察署もアカウントを持っています。このうち、平塚警察署(@hiratsukapolice)では公式レンジャー「平塚戦隊ボウハンジャー」の活動振りも紹介しています。

神奈川県警察本部交通部交通総務課(@kpp_koutuu)では、自転車マナーを紹介するマンガ「チリリン・タイム」を連載中。現在第6話まで来ていますが、どこまで連載が続くか楽しみです。

また、ご当地ネタが多いのが岡山県警新見警察署(@niimisyo)。現地は雪真っ盛りなため、県内各地の積雪情報をツイート。福岡県警察本部広報課(@fukkei_koho)は、「卒業式に特攻服を着るのは取り締まり対象です」と、これまた福岡県ならではの注意を呼びかけています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事