ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アンダーパスやオーバーパスは速度取締りに注意

警察によるスピード取り締まりは出没するスポットがだいたい決まっています。広い幹線道路で空いている道やカーブの手前などは、よく知られている危険スポット。全国的に増えているバイパスや立体交差も速度違反の取り締まりがよく行われます。ただし、アンダーパスでは速度取り締まり以外にも注意が必要です。


アンダーパスで速度取締り以外で注意すべき違反

アンダーパスは脇道がなくて好都合

ネズミ捕りの速度取り締まりの場合、現認係が隠れられ、停止係が突然飛び出してもキケンではなく、かつサイン会場が設置できるスペースが必要になります。そんな余裕がある道路となると、ある程度限られるものです。

具体的には「信号と信号までの間が長い直線区間」「頭上を高速道路などが走るアンダーパス」「長い陸橋」などで出没するケースが多い傾向があります。また、都市部では交通量が少ない休日の午前、郊外では平日の日中が狙われます。

とくにアンダーパスは見通しの良い直線のため、ついついスピードを出し過ぎてしまいがち。中央分離帯がある場合が多いため光電式の車速測定器を設置しやすく、しかも本線から逃げる脇道がないのもスピード取り締まりには好都合です。

オーバーパスで追尾式の取り締まり

その意味では、高架橋によるオーバーパスも速度取り締まりが出没しやすいスポット。高架橋の場合、白バイやパトカーによる追尾式の速度取り締まりも行われやすい場所なので制限速度に注意しましょう。

そして、アンダーパスで注意すべきは速度取り締まりだけではありません。アンダーパスは上から車を見下ろせるという特性を生かして、橋の上から違反者を探す現認係を配置する場合があるからです。

アンダーパスでは上からシートベルト未装着や運転中の携帯電話使用をチェック。アンダーパスは車線変更禁止の場合も多く、その様子もバッチリ確認できます。違反車はその先に設けられたサイン会場に誘導されるというわけです。交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事