ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反ステッカーで警察に出頭すると損な理由

駐車違反といえばドアミラーに取り付けられたカギ付きステッカーを思い浮かべる人も多いはず。しかし現在、駐車違反ステッカーを貼られたからといって、当時のイメージのまま警察に出頭してしまうと、結果的に損をすることになるのです。駐車違反の取り締まりの制度について、いま一度確認しておきましょう。


駐車違反ステッカーで警察に出頭すると損な理由

駐車違反した車の所有者に放置違反金

以前の駐車違反の取り締まりは、警察官が違反車両を確認して、カギ付きの駐車違反ステッカーをドアミラーに取り付けるスタイル。違反者はカギを外してもらうために警察へ出頭しなければならず、その場で違反キップを切られて反則金を納付することになっていました。

駐車違反の取り締まりスタイルが変わったのは、2006年6月の道路交通法改正から。違反者を出頭させて違反キップを切るのではなく、駐車違反を行った車の所有者に対して「放置違反金」を払わせる方式に変更されました。

また、同時にスタートしたのが駐車監視員制度。駐車違反を警察官が確認していた部分を、民間に業務委託することが可能になりました。こうして、駐車監視員が駐車違反のステッカーを貼るようになったわけです。

駐車違反ステッカーはあとから納付書

放置違反金のポイントは、駐車違反をした者が切られる違反キップの反則金と同額ということ。駐車違反のステッカーを持って警察署へ出頭すれば、原則として違反キップが切られて反則金を支払うことになります。

しかし、駐車違反のステッカーには「警察へ出頭せよ」とは一言も書かれていません。警察に出頭せずに何もしなければ、ナンバーから判明した車両の持ち主に警察から放置違反金の納付書が届く仕組みになっています。

出頭してもしなくても支払わなければならない金額は一緒。ただし、出頭した場合は違反キップが切られるために違反歴として点数が加算されてしまいます。駐車違反ステッカーが貼られたからといって警察に出頭すると損することになるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事