ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐禁ステッカーは破り捨てても何の問題もない

ちょっと用を足すために路上駐車をして、戻ってみたらフロントガラスに貼られた黄色い駐禁ステッカーを発見。あまりの運の悪さに、思わず駐禁ステッカーをビリビリに破り捨てたい衝動に駆られる人も多いでしょう。じつは駐禁ステッカー、破り捨てても何の問題もなかったのです。



スポンサーリンク
駐禁ステッカーは破り捨てても何の問題もない

駐禁ステッカーは放置車両確認証票

駐禁ステッカーの正式名称は「放置車両確認証票」。この駐禁ステッカーのどこにも、保管や提出などの記載はありません。むしろ「運転するときは、交通事故防止のため、この標章を取り除いてください」と書いてあるほどです。

このため、駐禁ステッカーは破ろうが捨てようが問題ありません。ただし、クルマの使用者や運転者、管理責任者以外の人が、駐禁ステッカーを取り除くのはNG。処罰の対象となります。

いずれにしても、自分のクルマに貼られた駐禁ステッカーは破り捨ててもかまいません。というのも、駐車監視員や警察官がすでにあなたのクルマを「放置車両」と確認したことと、ナンバー情報はしっかり記録されているからです。

駐禁ステッカーはお知らせにすぎない

駐禁ステッカーを破り捨てようが保管していようが、ナンバーからクルマの持ち主を割り出した警察からは「放置違反金」の納付書などを郵送されてきます。この放置違反金を支払えば、違反処理は終了です。

駐禁ステッカーは貼られた時点ですでにゲームオーバー。駐禁ステッカー自体は「違反を確認した」というお知らせにすぎないのです。捨てても破いても手続きは粛々と進んでいきます。

放置違反金で終われば誰にも違反キップは切られませんし、違反点数が付くこともありません。最悪なのは警察へ出頭すること。違反者が出頭すれば、普通は違反キップを切られていまい、違反点数が付いてしまいます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事