ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

赤でも青でもない「白キップ」の交通違反とは?

交通違反で警察官が切るキップには、色によって違反の重さに違いがあることはご存じのとおり。青キップは比較的軽い違反で切られるもので、赤キップは飲酒運転など一発で免許停止・取り消しになる悪質な違反に使われます。実は、この2種類とは別に白キップも存在。白キップは、どのような交通違反で切られるのでしょう。


赤でも青でもない「白キップ」の交通違反とは?

白キップ対象の交通違反は3種類ある

警察官が熱心に取り締まりを続ける交通違反には、スピード違反や駐車違反をはじめさまざま種類があり、悪質さに応じて懲役の長さや罰金額・反則金額が決まっています。しかし、これとは別に免許取消や免許停止を決める基準になる点数も、各違反について定められています。

ほとんどの交通違反には、懲役・罰金・反則金と点数の両方が決められていますが、ごく一部の違反については罰金や反則金がなく点数だけ付くものが存在。こうした違反を取り締まる際に警察が使うのが、用紙に色がついていない通称「白キップ」と呼ばれるものです。

白キップの違反となるのは「座席ベルト装着義務違反」「幼児用補助装置使用義務違反」「乗車用ヘルメット着用違反」の3種類。いわゆるシートベルト、チャイルドシート、原付・自動二輪車用のヘルメットをそれぞれ使わなかった場合を指しています。違反の点数はいずれも1点です。

白キップ交通違反は罰金・反則金なし

シートベルト違反などで白キップを切られた場合、ドライバー側の手続きはそこで終了。その後裁判になったり、罰金や反則金を納める必要もありません。ただし、点数1点が記録されるため、別な違反をその後に繰り返した場合、免許停止や免許取消により近づきます。

さらに、5年間無事故・無違反で認定される優良運転者に交付される、いわゆるゴールド免許の対象からも外れるほか、次の運転免許更新の際には違反者扱いとなり、講習時間や更新料も割高に。罰金・反則金がないからといって、白キップの違反は軽視できません。

なお、原付・自動二輪車用のヘルメットについては、ただかぶっているだけではダメで、ヘルメットを頭に固定するあごひもをしっかり締めていないと違反になります。また、チャイルドシートは種類に応じた方法で正しくリアシートに取り付けないと、いざというとき役割を発揮しないので注意しましょう。

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐禁ステッカーは破り捨てても何の問題もない
路上駐車をしても違反キップを切られない場所

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事