ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反がトイレを理由に取り消されたケース

駐車違反の取り締まりを行っている駐車監視員の姿はすっかりおなじみです。そんな駐車監視員の指導者教育に用いられる研修資料が「警察大学校研修資料」。市民とのトラブルを回避し、駐車違反の取り締まりを円滑に行うための資料です。そこには、駐車違反の処理を監視員が行わない状況など多くの事例が掲載されています。


駐車違反がトイレを理由に取り消されたケース

監視員が取締る駐車違反は放置車両

さっそく、警察大学校研修資料を駐車監視員制度に詳しい事情通に読み解いてもらいました。研修資料の「監視員が違反処理を行わない状況はありますか?」という質問を見てみると、「運転者が車両に乗車または降車していることを目視していた場合、直後に無人車両となっても同じ箇所での確認作業は行われない」とあります。

駐車監視員が取り締まる駐車違反は、運転者が離れて直ちに運転することができない状態の「放置車両」です。この原則から、駐車違反となるクルマでもドライバーが降りるところに遭遇すると違反処理を行わないと書かれています。

事情通によれば、さらに駐車監視員と会話でもすれば完璧だとか。ただし、その監視員は駐車違反の処理を行わなくても、別の組に連絡してチェックさせる場合もあるようです。駐車違反の処理はしっかり行われるケースもあるのでした。

駐車違反でも証明できれば除外される

さらに研修資料には「めまいや吐き気、腹痛によりトイレに行ってた場合は?」という質問に「原則、除外されない」と記載されていました。

ただし、2012年の事例として「自家用車にて走行中、強い腹痛を催した運転者が、このままでは運転に支障を来すと判断。一般道路脇の店舗前に駐車禁止区域と知りつつ駐車しエンジンを切り降車した」というケースを紹介しています。

「車両後方へ『トイレ中』『すぐに戻ります』などと書いた貼り紙をし、同店舗へ入り店員に事情を伝え、かつトイレ内から最寄の警察へ連絡をして状況を説明。数分後運転者が車両に戻ると駐車標章が貼られていたが、後日送付された弁明書にて詳細を記載、裏付けの捜査後公判に至ることなく違反が取り消された」とあります。

警察署の裁量にもよりますが、基本的には命に関わるものであり、駐車違反でもきちんと証明できれば除外されることはあるようです。駐車違反は渋滞や事故の原因。駐車標章が貼られることのないように、交通ルールをしっかり守りましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事