ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反はナンバーを隠しても取り締まられる

駐車監視員制度により、駐車違反はナンバーから判明した車両の持ち主に「放置違反金」という新しいペナルティを払わせる形に変更されました。ここで、駐車違反の車両ナンバーが見えなければ、駐車監視員は入力端末に情報を入力できません。しかし、駐車違反はナンバーを隠しても取り締まられるのです。


駐車違反はナンバーを隠しても取り締まられる

ナンバープレート外しの駐車違反

駐車監視員の指導者教育に用いられる「警察大学校の研修資料」は、いわば駐車違反取り締まりのマニュアルのようなもの。そこで、駐車監視員制度に詳しい事情通に資料を読み解いてもらいました。

資料には「二輪車における処理と問題について教えて下さい」という内容があります。そこには「ナンバープレート外しには、『車体番号隠し』も組み合わせて行われる場合が多い」と記載されています。

「ナンバープレートが外される、またはカバーで不可視化されている場合、監視員は車体に刻まれた車体番号で確認をすることができる。しかし、車体番号も見えなくして放置されるケースがあるため、監視員はこれらの二輪車を発見しても、確認作業を避ける傾向がある」と、駐車違反の取り締まりを避けがちとしています。

駐車違反標章をハンドルに巻き付け

ただし、ナンバープレートが隠れていても、実際に駐車違反の取り締まりは行われるもの。実際に、ナンバーをビニールで隠してヒモで固定した原付きが違法駐車されている現場では、駐車違反標章がハンドルグリップに巻き付けられていました。また、車体番号を改ざんすると、道路運送車両法違反として処罰の対象となります。

駐車違反とナンバーといえば、外交官特権により外交官ナンバー(青ナンバー)は取り締まりの対象外になるとよくいわれます。ところが、それは都市伝説。駐車違反していれば、駐車違反標章もガンガン貼られているのです。

「外交特権を有する者に対する交通反則通告制度の適用」という通達もあるほど。しかし、実際は駐車違反標章などが貼られても放置違反金を踏み倒すケースも多いといいます。交通ルールはしっかり守りましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事