ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反は県境を越えると逃げ切れるのか?

自動車教習所では、クルマの免許を取得するために交通ルールや法令、応急救護など基礎知識を学びます。しかし、交通違反の取り締まりに関する知識に関しては教えてもらえません。安全運転を心がけるためにも、幅広い知識をマスターしておきたいところ。スピード違反は県境を越えると逃げ切れるのかどうか見ていきます。


スピード違反は県境を越えると逃げ切れるのか?

スピード違反から逃げ切るのは不可能

スピード取り締まりのネズミ捕りで引っかかた際、停止係の制止を振り切って逃げ続けたらどうなるのでしょう。ネズミ捕りは通常、追跡係が追いかけて捕まえるためにパトカーや白バイを周囲に待機。追跡係は多くの場合、停止係が兼任しているもの。逃走すれば赤色灯を回した白バイやパトカーに追われることになります。

ただし、日本は地方警察制を採用しているため、原則として都道府県の管轄を越えた業務は行えません。県境を越えると管轄外となり、警察はスピード違反の追跡を諦めるという話があります。

しかし、たいていはその前に警察無線で応援を呼ばれ、先回りされて制止されるのがオチ。また、ナンバーの照会で個人情報が特定されるため、仮にその場でパトカーを振り切れたとしても、スピード違反から完璧に逃げ切るのは不可能です。

スピード違反の取締りは2人で行う

ちなみに、パトカー追尾によるスピード違反の取り締まりは、運転専任1人、取り締まり専任1人という「ツーマンセル」で行うのが基本です。1人乗りのパトカーは、事務的な移動中である場合がほとんどで、交通違反の取り締まりは通常行いません。

とはいえ、1人乗りパトカーと油断してアクセルを踏み過ぎるのはNG。やはり、警察無線で近くにいるパトカーや白バイを呼ばれることになるからです。

旅行などでレンタカーを運転中に、オービスが発光する無人式のスピード取り締まりに遭遇した場合、何事も無かったかのようにレンタカーを返せばスピード違反から逃げ切れるものでしょうか。

もちろん、スピード違反から逃げ切れることはありません。警察はレンタカー業者から契約者情報を得られるので、呼び出しがちゃんと自宅に届くようになっています。レンタカーでもオービスによるスピード違反の取り締まりは、ごまかせないのでした。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事