ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

取締り急増中「新型オービス」の価格はいくら?

スピード違反を気にするドライバーの間で、いま話題になっているのが「新型オービス」。とくに、持ち運んでどこでも取り締まりができる「可搬式オービス」による取り締まりが急増しているからです。すでに10都道府県以上で目撃されて、導入が急ピッチで進む可搬式オービスは1台どれくらいの価格なのでしょう。


取締り急増中「新型オービス」の価格はいくら?

新型オービスは2つのメーカーが製造

全国各地で導入が進む新型オービスは、2つのメーカーが製造をしていて、それぞれ方式が大きく異なります。というのも、一方はスピード測定がレーザー式であるのに対し、もう一方は従来からあるレーダー式のためです。

レーザー式を製造しているのは、オービスの主力メーカーである東京航空計器。同社の可搬式オービス「LSM-300」は三脚に立てて使うことができ、取り締まり現場には多くの場合、警察官が待機している姿が目撃されています。

また、LSM-300には撮影部をポールに取り付けた状態で下側を数百キロある基台で固定した「半可搬式」というタイプも存在。半可搬式の「LSM-300-HK」は、岐阜県警による使用が確認されています。

レーザー式新型オービスは1000万円

一方、レーダーを使う新型オービスはスウェーデンに本社を持つセンシス・ガッツォ・グループ(センシス)が製造しています。同社の製品で日本へ輸入されているのは固定式「SWSS」と可搬式「MSSS」です。

実は、2014年に新型オービスの実証実験が行われた際に採用されたのがMSSSでした。ところが、その後は採用事例が少なく、今のところ埼玉県と岐阜県のみ。北海道警も購入を決めていますが、その他都府県はいずれもLSM-300を導入しています。

さっそく、気になる新型オービスの価格を見ていきましょう。LSM-300については何県かに資料があり、例えば愛知県警が導入したLSM-300は税抜き1000万円で、山梨県警は税込み1080万円。LSM-300については1000万円が相場のようです。


新型オービスのMSSSは300万円安い

新型オービスの1台あたり1000万円という価格は、大掛かりな工事を必要とするLHシステムなどの従来までのオービスと比べて、割安な導入コストになっています。

一方、センシス製については北海道警が購入したMSSSの価格が判明。LSM-300の販売会社が北海道警に示した1000万円より約300万円安い698万円でした。ここまで価格差が付くことは通常は考えられません。

実は、センシスが発表したプレスリリースによると、日本で同社製オービスを販売する沖電気が、すでに約1億5000万円分の契約を結んでいるのだとか。今後も沖電気がMSSSの売り込みに力を入れるなか、新型オービスのシェアがどうなっていくのか目が離せません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事