ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速道路「つきまとい運転」に遭った時の対処法

2017年に高速道路上で発生した、あおり運転による夫婦死亡事故。ドライバーなら誰でも遭遇しうる暴力に、私たちはどう対応するべきなのでしょう。あおり運転より怖い「つきまとい運転」の対処法を、交通事故分析のプロである日本交通事故鑑識研究所の大慈彌拓也氏に教えてもらいました。


高速道路「つきまとい運転」に遭った時の対処法

執拗に邪魔する「つきまとい運転」

普段の対人関係においては、私たちは空気を読んでコミュニケーションをとりますが、クルマの運転環境もまったく同じ。相手のクルマが何をしようとしているか、空気を読んで見極めることが必要です。

そして、むやみに車線変更など目立つ行為をせず、進路を譲る運転を心掛けることも大切。基本ですが、車間距離を十分に保ちながら走行車線を運転すればトラブルに遭わずに事故を回避できる可能性が高いでしょう。

本当に厄介なのはあおり運転より、執拗に邪魔をしてくるタイプの「つきまとい運転」です。こういう時にはドライブレコーダーが役立ちます。ドラレコは前方カメラだけでも十分。つきまといの過程を撮影すれば証拠になります。声を出して相手のクルマのナンバーを録音しておくと有効です。

「つきまとい運転」の挑発に乗らない

さらに、相手のクルマが前に出て停車させようと妨害してきたら、車道での停車だけは避けなければなりません。最低でも路肩、できればパーキングエリアに逃れるようにします。

あとは「クルマの外に出ない」、いくらクルマを蹴られたりしても「窓を開けない」、そして「速やかに110番」しながら、ドラレコに話して「相手の特徴を記録」。スマホで相手を撮影してもいいでしょう。

とはいえ、ドラレコに頼るのは万が一にトラブルがあった時の話。ドラレコは保険だと思って、安全運転するよう心がけるのが基本です。

そして、もしつきまとい運転に遭ったら相手の挑発に乗らず「張り合って何の得があるの?」と、気持ちを抑えます。相手と同じ土俵に立ってしまって、どっちもどっちとならないことを肝に銘じておきましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事