ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速道路の取締り第1位は「速度違反」で第2位は?

高速道路を行ったり来たりしながら、交通違反を取り締まるパトカーや白バイ。彼らが狙いを付けている交通違反は、まずはスピード違反です。実際、高速道路で捕まる違反のほぼ半分がスピード違反です。しかし、それ以外にも高速道路で取り締まられやすい交通違反が存在。高速道路で速度違反に続いて多い違反は何なのでしょう。


高速道路の取締り第1位は「速度違反」で第2位は?

高速道路上で取締りが多い交通違反

じつは交通違反の取り締まりにおいて、高速道路上の違反が占める割合はそれほど多くありません。警察庁の交通統計によると、2018年のデータでは、高速道路上での取り締まりが占める割合はわずか約8%に留まります。

しかし、「スピード違反」に限ると高速道路上の割合はぐんと上がり、全体の約27%に比率がアップ。高速道路は警察側としても、積極的にスピード違反を取り締まっていることがわかります。高速道路上で取り締まりに限って交通違反の比率を見てみても、スピード違反は全体の52.5%とダントツです。

そして、高速道路の取り締まりでスピード違反に次いで多いのが「シートベルト装着義務違反」の22.1%。取り締まり件数にすると14万1645件です。それに続くのが「通行帯違反」で、取り締まり件数は6万1773件、割合にすると9.6%になります。

高速道路では通行帯違反に注意する

シートベルト装着義務違反については、高速道路の場合はICの入口や本線料金所の検問で取り締まることがほとんど。後部座席のシートベルト着用は2008年から義務化されています。とくに高速道路では、後部座席のシートベルト非着用は取り締まり対象です。

高速道路でのシートベルト非着用は交通違反になるかどうか以前に、事故が起きた際に大変危険。高速道路ではシートベルトを忘れずに着用しましょう。

また、通行帯違反については、追い越し車線を必要なく長く走り続けた場合に違反となります。片側1車線しかない場合を除くと、高速道路の一番右側車線は「追越車線」に指定されていて、追い越し以外で長く走り続けると取り締まりの対象。ただし、渋滞や事故のときは適用外です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事