ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警視庁が交通違反の重点取締り「202地点」公開

交通違反の重点取り締まり場所を公開するのは全国的なトレンドです。警視庁では現在、交通違反の詳細な取り締まり場所をホームページで公開しています。以前からスピード違反の取り締まり場所は公表していましたが、2017年から公開している「重点取締場所での取締まり」は「202か所」にも及ぶのです。


警視庁が交通違反の重点取締り「202地点」公開

速度取締実施場所のリストは97か所

警視庁ホームページで公開されているのは、重点的に交通違反の取り締まりが行われる「重点取締場所一覧」です。公開している目的は安全運転喚起のため。「交通安全」→「公開交通取締り」にアクセスします。ここで「スピード違反の取締り」と「重点取締場所での取締り」が公開されています。

スピード違反の取り締まりについては「速度取締実施場所一覧」としてPDF化された地点リストを公開中です。例えば「臨港道路」であれば「江東区青海1丁目付近」と「東京湾岸」といったように所属警察署名とともに住所を記載。リスト化された地点は計97か所に上ります。

一方の、交通違反の重点取り締まり場所は「重点取締場所(一覧・地図)」をクリック。PDF形式のほかCSVファイルでもリストをダウンロードできます。

交通違反の重点取締場所は地図も公開

交通違反の重点取り締まり場所の一覧は、計202か所が住所と交差点名または路線名でリスト化。「信号機のない交差点で歩行者も多い上、付近は抜け道で通過車両も多く事故抑止のため」といった理由も掲載されています。

しかも、交通違反の重点取締場所は一覧リストだけでなく管轄する警察署ごとにPDF化された地図も公開する念の入れよう。地図には警察署の管轄エリアと重点取り締まり地点が記載されています。

このほか、各都道府県警も交通違反の重点取り締まり場所を公開。道路名だけでなく町名と丁目まで詳細に公開しているうえ、地図でも確認できたりと工夫しています。リストは毎月更新されているので、ドライバーは地元の警察ホームページを確認しない手はないでしょう。

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐禁ステッカーは破り捨てても何の問題もない
路上駐車をしても違反キップを切られない場所

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事