ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パトカーの値段はベース車より80万円も安かった

ふだん見かける白黒パトカーで、最もポピュラーな存在が「無線警ら車」と呼ばれるセダン車です。その車種の大半がトヨタ・クラウンであることもよく知られています。赤色回転灯などパトカーならではの特殊装備も多いため、その値段が気になるところです。じつはパトカーは市販車モデルよりも安く購入。大幅な新車値引きが行われていました。


パトカーの値段はベース車より80万円も安かった

白黒パトカーの主力となる無線警ら車

各都道府県警が主力で使う白黒パトカーである「無線警ら車」は、トヨタ・クラウンがほぼ独占状態。これは、警察庁が一括購入する際、ほぼ毎年のようにクラウンを選んでいることがその理由です。最近10年間のうち、8年間はクラウンが購入されていました。

無線警ら車の仕様は、エンジン排気量は2500cc以上など細かく決められていて、天井に設置されたブーメラン型の赤色回転灯やそれを取り付ける昇降機、フロントグリルに2灯ある前面警光灯といった特殊な装備も規定されています。

ランプ類以外でも、サイレンや警告アナウンスなどを鳴らすサイレンアンプやスピーカーなどの装備も搭載。無線警ら車の場合、スピード違反の取り締まりは基本行いませんが、追尾式で使用するストップメーターも装備しています。

パトカーの値段は1台298万円だった

このような特殊装備がたくさん搭載されている無線警ら車ですが、警察庁は1台どれぐらいの値段で購入しているのでしょう。2018年に購入した210系クラウン・ロイヤルの場合、275台購入した合計の金額は約8億1981万円。1台あたりで約298万円という計算になります。

一方、パトカーのベース車両となる2018年に市販されていた210系クラウン・ロイヤルの価格は約381万円~という設定。2018年秋に、クラウンは現行の220系へとフルモデルチェンジしているため、モデル末期という事情はあるにせよ、80万円以上という大幅な値引きです。

なお、1台約298万円の価格は無線関係を除いた特殊装備をすべて含んだもの。警察無線機とユーロアンテナについては、設置に無線関係の資格が必要なため、無線専門の業者から別途購入しています。

また、市販車のクラウンは高級モデルでシートも豪華ですが、無線警ら車の場合は前部・後部ともにビニール製のパトカー仕様です。(写真/永野まさる)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事