ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

道路脇の三角コーンを見て注意すべき取締りは?

神出鬼没でスピード違反を取り締まる方法のひとつ「ネズミ捕り」は、設置場所が分かっているオービスと違い、どこで取り締まりが行われているかを知ることが難しいものです。とくに、「光電管式」と呼ばれるネズミ捕りは、レーダー探知機でもチェックが不可能。しかし、光電管式取り締まりを察知する意外なヒントが路上にあるのです。


道路脇の三角コーンを見て注意すべき取締りは?

光電管式のネズミ捕りは察知できない

警察がスピード違反を取り締まる方法には、定置式の「オービス」と、パトカー・白バイによる「追尾」、そして「ネズミ捕り」といわれる移動式の取り締まりが存在。ネズミ捕りには、2か所設置した光電管の間の通過時間で速度を測る「光電管式」と、ドップラー効果で速度を測定する「レーダー式」の2種類があります。

レーダー式は、測定用のレーダー波を事前にキャッチできればスピード違反の取り締まりを察知可能。そのための装置が、カーショップなどで売られているレーダー探知機です。レーダー探知機という名前ですが、新型オービスで利用されるレーザー光も検知可能なモデルも各社から発売されています。

ところが、光電管式のネズミ捕りは、自動車にレーダー波やレーザー光を当てるわけはないため、地面すれすれに設置される2か所の光電管の存在をレーダー探知機で知ることはできません。ドライバー側から見た場合、光電管式のネズミ捕りは察知しずらい厄介な取り締まりといえるのです。

不自然な三角コーン1個はネズミ捕り

それでは光電管式のネズミ捕りを事前に察知することができないかというと、必ずしもそうとは限りません。なかでも、光電管式のネズミ捕りのサインとして覚えておきたいのが、直線が続く道路の車線左側ギリギリに、不自然な三角コーンが1個だけ置かれているというものです。

道路に三角コーンが置かれるのは、ほとんどの場合、道路工事の現場で工事車両への追突やエリアへの進入を防ぐためのものです。追突や進入を避けるためには、三角コーンは目立つことが大切なため、複数個設置されることが多くなります。

ところが、光電管式のネズミ捕りで三角コーンが使われるケースはこれとは違い、道路に設置された数十cm程度の光電管を自動車に誤って踏まれ壊されないために設置されます。そこで、設置する三角コーンも1個で十分となり、場合によっては三角コーンを遠くから見にくくするため、横に寝かせて置かれることすらあるのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事