ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交差点付近の追い越し○m手前から違反になる?

交差点は、違う方向からのクルマが集まるだけに交通事故がもっとも起きやすい場所です。そのため、交差点については一般の道路に比べて、やってはいけないことが数多く決められています。そんな交通違反のなかには、街中でよく見かける走り方も含まれています。交差点内ではやってはいけない意外な交通違反を見ていきましょう。


交差点の駐停車禁止は手前○mから違反になる?

交差点の手前5mまで駐停車禁止になる

交差点でやってはいけない意外な交通違反で、真っ先に挙げられるのは駐停車違反です。交差点のど真ん中に駐車・停車されると大迷惑となるのは当然ですが、じつは交差点内だけでなく交差点の手前5mまで駐停車禁止です。

信号が青だからといって、横断歩道上に自動車を止めて乗り降りする光景をよく見かけますが、これは確実に駐停車違反です。

駐停車違反は駐車違反より罰則が重く、ドライバーが自動車を離れていた場合は違反の点数が3点で反則金は普通車2万円、ドライバーが車内にいた場合は点数が2点で反則金は普通車1万2千円です。

そして、意外と知られていない交差点の交通違反が、追い抜きをしてはいけないということ。これは、交差点内だけでなく交差点手前30mから違反になります。

交差点の実線エリアは進路変更違反

とくに交差点で追い越し違反になりがちなのが、左折車が前にいる場合に車線をはみ出して追い越すパターン。こうした際は左折が終わるまで待つ必要があります。

ちなみに、追い越し違反の点数は2点で反則金は普通車9千円、進路変更違反の場合は点数は1点で反則金は普通車6千円です。

また、2車線以上の道路で信号のある交差点では、交差点手前で車線を分ける線が点線から実線に変わります。この実線エリアで進路を変更すると進路変更違反です。よく右左折レーンに入り損ねたときに行いがちですが、そうした際は次の交差点まで進んで迂回ルートを選ばなければなりません。

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐禁ステッカーは破り捨てても何の問題もない
路上駐車をしても違反キップを切られない場所

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事