ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

古いスマホをネットワーク監視カメラにする方法

古いスマホは処分の仕方もわからず、引き出しの奥にしまったまま放置されがち。しかし、古いスマホといえども立派な電子機器です。そこで、古いスマホをネットワーク監視カメラとして再利用できる無料アプリを紹介しましょう。ネットワーク監視システムは不要スマホを使えば無料で構築できてしまうのです。


古いスマホをネットワーク監視カメラにする方法

古いスマホでネットワーク監視カメラ

ペットや子どものモニター用や防犯用にネットワーク監視システムを導入したいけど、予算がネックで躊躇している人は多いはず。そんな時は不要になった古いスマホに無料アプリをインストールして、ネットワーク監視カメラとして再利用するという方法があります。

導入の条件となるのは、設置場所にWi-Fiがあるかどうか。現在、メインに使っているスマホにも監視カメラアプリをインストールすれば、無料でネットワーク監視システムが構築できます。

「防犯カメラ Alfred CCTV」は、2台のスマホを1台はカメラ用、もう1台はモニター用として使う監視カメラアプリ。もともとは「Alfred Camera」として配布されていたものです。

それぞれにアプリをインストールして同一のGoogleアカウントでログインすれば、ネットワーク監視が可能です。この監視カメラアプリはiOSとAndroidの両OSに対応しているのもポイント。OSの異なる端末同士でも利用できます。Android版は「ペット、赤ちゃん 見守り遠隔監視カメラアプリ」という名称です。

ネットワーク監視にQRコードを生成

無料の監視カメラアプリ「AtHome Camera」でも、ネットワーク監視システムは構築可能です。カメラ用の古いスマホには「AtHome Video Streamer」をインストール。モニター用のスマホには「AtHome Camera」をインストールします。

カメラ用の古いスマホで「QRコードに生成」をタップ。このQRコードを使って、モニター用のスマホと接続します。モニター用スマホでは「利用開始」でメールアドレスとパスワードを登録。「採集端末添加」を選択するとカメラが起動するので、不要スマホに表示されているQRコードを読み込むというわけです。

これで監視カメラとして設置した古いスマホからの映像をリアルタイムで確認可能。モニター画面下の「収録」ボタンをタップすれば、MP4形式で録画できます。iPhone版とAndroid版が用意されており、こちらもOSが異なっていても利用可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事