ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneのWi-Fi設定を忘れたときに復活させる方法

iPhoneをいじっていて、うっかり自宅のWi-Fi設定を消してしまい、復活させようとしたもののパスワードが分からない…そうしたトラブルをよく聞きます。Wi-Fiルーターが使えないとパケ死の恐れが出てくるので、一刻も早く解決したいもの。そこで、Wi-Fiのパスワードを復活させる方法を紹介します。


iPhoneのWi-Fi設定を忘れたときに復活させる方法

別のiPhoneからパスワードを送る

一番簡単な方法は、同じWi-Fiルーターを使っているiPhoneユーザーからパスワードを送ってもらうものです。iOS11.0以降から用意された機能で、両方が対応している必要があります。

まず、自分のiPhoneでWi-Fi設定を開き、接続したいWi-FiルーターのSSIDを選びます。すると、パスワードを要求する画面が現れるので、そこで待機します。

その状態ですでにWi-FiにつながっているiPhoneを自分のものに近づけます。すると「○○(SSID)のパスワードを××さんと共有しますか?」と表示する画面が現れるので画面下の「パスワードを共有」をタップ。これで自分のiPhoneへWi-Fiパスワードが転送されます。

Wi-Fiルーターの設定画面で確認

iPhoneユーザーがほかにいなくても、同じWi-Fiルーターにつながっているパソコンやスマホがある場合、Wi-Fiルーターの設定画面で確認する方法があります。これは、Safariなどのブラウザでアドレス部分にルーターのIPアドレスを入力すると表示が現れます。

Wi-FiルーターのIPアドレスは、とくに設定を変更していなければI/Oデータ機器なら「192.168.0.1」、バッファローなら「192.168.11.1」などメーカーごとに決まっています。「192.168.1.1」を使うメーカーもあるようです。

開いた設定画面のなかから、無線関連の設定のなかからWi-FiルーターのSSIDに関する項目を見つけ「暗号化キー」「暗号鍵」などと書かれた項目がパスワードです。


最後の手段はWi-Fiルーターの初期化

iPhone1台しかなく、Wi-Fiパスワードが分からない場合、手間はかかりますがWi-Fiルーターを初期化して全部の設定を行います。初期化の方法は機種により違いますが、リセットボタンを長押しする手順が多いようです。

再設定の場合、Wi-Fiだけでなくインターネットに接続する有線側の設定もする必要があります。この設定に必要なID、パスワードはインターネットプロバイダーから送られてきた書類に書かれています。

また、Wi-Fi部分の再設定については、AOSSやWPSといった自動設定を使うことをお勧めします。というのも、自動設定ではセキュリティが高い認証方式やパスワードが選ばれるため、より安全にWi-Fiを使えるためです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事