ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneロック中でも「Siri」で操作される危険性

iPhoneは顔認証や指紋認証などでロックしてあれば、誰にも解除されることはないと安心している人も多いでしょう。しかし、iPhoneにはロック中でも勝手に操作される危険性があるのです。iPhoneはロック中でも音声認識の「Siri」を起動することが可能。Siri経由で勝手にメールやショートメッセージを送ることもできるのです。


iPhoneロック中でも「Siri」で操作される危険性

iPhoneはロック解除なしでSiriが起動

iPhoneはいったんスリープモードになると、顔認証や指紋認証、パスコード入力などが必要になります。ロック画面を解除しなければ、基本的に何も操作できません。このため、iPhoneはロック中なら、他人が勝手に操作できないと安心しきっている人は少なくないでしょう。

しかし、iPhoneにはロック中でも操作する方法が存在します。それが音声認識でiPhoneを操作する「Siri」を使う方法です。iPhoneはロック中でもSiriを起動可能。ロック中でもSiriを利用して、さまざまな操作を行うことができるのです。

具体的には、ロック中のiPhoneでサイドボタンを押して「Siri」を起動。iPhone X以降ではホームボタンが非搭載になっていますが、その代わりサイドボタンを押すことでSiriは起動する仕様です。

iPhoneはロック解除なしに電話できる

Siriが起動したら、例えば「メール」と話します。すると「どなたに送信しますか?」と聞かれるので、「奥さん」や適当な友人の名前を答えれば、メールを送信できるのです。

このように、iPhoneはロックしてあるからと安心して他人に渡すのはとても危険な行為。勝手に操作される可能性があるのです。Siriに「電話」と話せば「どなたにかけますか?」と聞かれるので、勝手に発信もできます。

このようにiPhoneはロック中でも他人に操作される危険性があります。iPhone「設定」の「Siriと検索」で「サイドボタンを押してSiriを使用」をオフにしてSiriを使えなくしたり、「ロック中にSiriを許可」をオフにしたりするなど、対策しておかないと危険でしょう。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone「空白の長押し」意外と知らないテク集
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能
iPhone画面が勝手に下がるのは「簡易アクセス」
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法
iPhoneヘルスケアに連携すべき睡眠アプリは?
iPhoneでも手軽に通話を録音する方法があった

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事