ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

SuicaをiPhoneで使うならSuicaアプリ入れるべし

iPhoneユーザーであれば、さまざまな支払いにApple Payを利用している人も多いでしょう。JR東日本の交通系ICカード・SuicaもApple Pay対応で、Suicaを登録すれば全国の鉄道・バスへiPhoneのタッチで乗車可能になります。しかし、Suicaの機能をフル活用するためには、Suicaアプリもインストールしたおいたほうが便利なのでした。


SuicaをiPhoneで使うならSuicaアプリも活用する

Suicaグリーン券をiPhoneで発行可能

SuicaをiPhoneで利用する方法には、標準搭載されているApple Payの機能「Wallet」のみで利用する方法と、Suicaアプリを追加でインストールする方法の2種類があります。Suicaアプリをインストールする際には、自動的にWalletへ新規Suicaの登録も行える仕組みです。

カード式Suicaからチャージ残高と定期券の情報を引き継きたい場合、まずはWalletの機能を利用してSuica情報を読み取ります。そして、引き継ぎの際にはデポジットの500円もチャージ額に追加されるため、駅でSuicaを払い戻す手間も不要です。

しかし、Apple PayでSuica機能をフル活用するためには、Suicaアプリを追加インストールする必要があります。というのも、Walletのみで利用している状態ではSuicaグリーン券の発行や、クレジットカードからのオートチャージへも非対応。さらに、JR東日本のポイントプログラム「JRE POINT」への登録もできないからです。

iPhone向けのSuicaアプリで会員登録

iPhone向けのSuicaアプリはApp Storeからダウンロード可能で、国内モデルではiphone8以降、海外モデルではiPhone7以降からインストールできます。インストール後にアプリを起動すると、WalletにSuicaがすでに登録されている状態であれば、そのSuicaが表示されます。

次に、Suica会員登録の画面が現れます。Suica会員登録はスキップすることもできますが、登録を行わないとSuicaグリーン券発行などのSuicaアプリを使うメリットがないため、「会員登録」を選択。また、会員登録時にクレジットカード情報を入力することで、Apple Payの支払い登録カード以外も利用できます。

ここまでの作業で、Suicaアプリの利用準備は完了。Suicaアプリからチャージ残高の確認や追加チャージ、Suicaグリーン券の発行やオートチャージ設定などが行えるようになります。チャージやSuicaグリーン券の支払いには、Apple Payを選択することも可能です。

なお、JRE POINTを貯めて活用するには、別途JRE POINTのWebサイトで会員登録や利用するSuica ID番号の登録が必要になります。Suica ID番号はSuicaアプリから確認ができ、貯まったJREポイントは、1ポイント=1円として登録したSuicaへチャージ可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事