ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneの背面タップに設定しておくと便利な機能

iPhoneのさまざまな機能のなかでも、iOS14から追加された「背面タップ」は、コンコンとiPhoneを背面から軽く叩くだけでさまざまなアクションが行えて便利です。背面タップには「音や画面を消す」「Siriを起動する」などを割り当て可能ですが、標準状態で使いづらいスクリーンショットを設定するのがおすすめです。


iPhoneの背面タップに設定しておくと便利な機能

iPhone8以降の機種で背面タップ設定

昨年リリースされたiPhone向けOS・iOS14から、新たに「背面タップ」という機能が利用できるようになりました。背面タップは、iPhoneの背面側をコンコンと軽く叩くことで、あらかじめ設定した機能が立ち上がるというものです。なお、この機能はiPhone専用で、iPadは対応していません。

背面タップというと、iPhone背面にタッチセンサーが追加されたと思われるかもしれませんが、加速度センサーなどを利用して機能を実現している模様。背面タップの対応機種はiPhone8以降で、iPhone7/7 Plus以前の機種ではiOS14をインストールしても背面タップは利用できないため注意が必要です。

背面タップの設定方法は「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「背面タップ」を選択。ここで2回「コンコン」と叩くダブルタップと、「コンコンコン」と3回叩くトリプルタップに、それぞれ機能を指定します。

iPhone背面タップは2種類が設定可能

背面タップのダブルタップ・トリプルタップに設定可能な機能は、「ホーム」(ホーム画面へ戻る)「Siri」「消音」などさまざまありますが、なかでも便利なのは表示画面を保存する「スクリーンショット」でしょう。というのも、iPhoneの標準設定ではスクリーンショットを撮るのにコツと慣れが必要なためです。

標準設定でのスクリーンショットは、FaceIDモデルでは電源ボタンと音量プラスボタン、TouchIDモデルではタッチセンサーとサイドボタンまたはトップボタンをそれぞれ同時に押して行います。そのため、ボタンやセンサーを押すタイミングがずれると、うまくスクリーンショットを保存できません。

一方、背面タップにスクリーンショットを設定すれば、背面のダブルタップやトリプルタップで簡単にスクリーンショットを保存できるようになります。背面タップには2種類の機能が設定可能なため、スクリーンショット以外の残りのひとつについては、自分がよく使う機能を設定すればOKです。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone「空白の長押し」意外と知らないテク集
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能
iPhone画面が勝手に下がるのは「簡易アクセス」
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法
iPhoneヘルスケアに連携すべき睡眠アプリは?
iPhoneでも手軽に通話を録音する方法があった

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事