ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

今さら聞けないLINEの基本セキュリティ設定とは

2011年に誕生し、メールに置き換わるかたちで普及してきた「LINE」。今や単なるメッセンジャーアプリとしてではなく、さまざまなサービスを有するマルチアプリに進化し、高機能化しています。そんな現代の必携ツールであるLINEを改めて見直し、フルに使いこなすためのセキュリティ設定を見ていきましょう。


今さら聞けないLINEの基本セキュリティ設定とは

LINEセキュリティ設定で乗っ取り防止

さっそくLINEの基本セキュリティ設定を見ていきます。まずLINE乗っ取りを防ぐためのセキュリティ設定です。LINEの「設定」→「アカウント」にある「ログイン許可」は、PCやタブレットからのログインを可能にする設定です。

もしスマホだけしか使っていないなら、オフにしておきましょう。「ログイン中の端末」に身に覚えのない端末が表示されたら、乗っ取られている可能性大です。

LINEでは友だちの自動追加をオフにするのがセキュリティ設定の基本。勝手に友だち登録したくない、されたくないという場合は、オフにしておきます。

LINEの「設定」→「友だち」から設定可能。これらをオンにすると電話番号から友だち登録されるため、知らない人から迷惑メッセージが届いたりすることもあります。

LINEセキュリティ設定では連携を拒否

LINEではプライバシー設定を強化しておくのが基本。LINEの「設定」→「プライバシー管理」は、第三者からのアクセスを防ぐための設定を行う場所です。

「パスコードロック」をオンにすれば、LINEアプリ起動時ごとにパスコードの入力が必要になります。「メッセージ受信拒否」は、友だち以外からのメッセージを受信できないようにする設定なので、スパム対策として有効です。

メッセージを暗号化する機能「Letter Sealing」は、現在は一度にオンしたらオフには戻せませんが、オンにしておいた方が安心でしょう。

さらに、「プライバシー管理」にある「アプリからの情報アクセス」は「拒否」にすることで、外部アプリとLINEを連携する際に、LINEのプロフィール情報を公開できないようにします。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事