ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

すぐに見直したいLINEのセキュリティ4つの設定

チャットでのやり取りで、スムーズな連絡が可能な「LINE」。メールに代わるツールとして広く普及しているLINEは、もはや生活の一部です。セキュリティ対策を万全にしておかないと、不正ログインなどで大切な友だちに迷惑をかけてしまう危険があります。すぐに見直したいLINEのセキュリティ設定を見ていきましょう。


すぐに見直したいLINEのセキュリティ4つの設定

LINEのセキュリティのログイン設定

「LINE」は、トークルームでのやり取りが基本です。チャット的にメッセージを送り合い、「既読」機能により相手が読んだか分かるのが大きなメリット。メールよりも素早く反応でき手軽です。グループ機能を使えば、招待した複数の友だちと同時にトークが可能。グループ機能は、ホーム画面の「グループ作成」から作れます。

LINEは「LINE Pay」や「LINEデリマ」などさまざまなサービスが追加され、生活により密着しているだけに、セキュリティの設定はしっかりと確認しておきましょう。

すぐに見直したいLINEのセキュリティ1つめは「ログイン許可」です。PC・iPadで使わないならログインは不許可にしておくのが安心でしょう。設定画面の「アカウント」を開いて、「ログイン許可」のチェックを外しておきます。

LINEのセキュリティにパスコード設定

すぐに見直したいLINEのセキュリティ2つめは「パスコードロック」です。LINEアプリを開くためのパスワードを設定しておきましょう。設定画面の「プライバシー管理」を開いて「パスコードロック」にチェックします。

すぐに見直したいLINEのセキュリティ3つめは「メッセージ受信拒否」です。友だち以外からのメッセージは拒否して、知らない人をガードしましょう。設定画面の「アカウント」で「メッセージ受信拒否」にチェックします。

すぐに見直したいLINEのセキュリティ4つめは。「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」です。連絡先からの自動登録は拒否しておきましょう。設定画面の「友だち」の項目で「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」をオフにしておきます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事