ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

低温で融ける不思議な金属「治具メタル」とは?

子ども向けの推理小説でよく見かけるのが、凶器として使った氷が融けて跡形もなく消え去るトリック。氷が蒸発すれば、凶器が見つからなくなるという話です。この世には、100度以下の低温で融ける金属が存在します。小説のトリックなど荒唐無稽なものも含め、融ける金属の使い道を考えてみました。


スポンサーリンク
低温で融ける不思議な金属「治具メタル」とは?

治具メタルは熱を加えると液状に

ネット通販サイトを探すと、低温で融ける金属が「治具メタル」という名称で売られています。「治具」とは、金属加工などで作業位置を指示する器具の総称で、この融ける金属がガイドラインにうってつけのようです。

約70度の熱を加えると融けて液状になるのが「治具メタル70度」。1kgで15,000円程度と高価です。融点開始温度別に「47度」「64度」「70度」「90度」などいくつか種類があり、価格も若干異なります。

MITのロバート・ウィリアム・ウッド博士が発明した70度で融ける「ウッドメタル」の組成は、ビスマス50%、鉛26.7%、錫13.3%、カドミウム10%。「治具メタル70度」もこれに近いものと考えられます。

治具メタルでカギを複製してみた

実際に治具メタルを手にしてみるとずっしりと重く、見た目も硬度も金属そのもの。にもかかわらず、鍋に入れてコンロで火にかけると、即座にハンダのように融け出し液体状になります。常温に戻すとすぐに元に戻るのも特徴でしょう。

融かせば薄く延ばせるので、スーツケースにこっそり忍び込ませることもOK。熱湯で融かして棒状に固めたり、先端を尖らせることも可能です。再び薄っぺらな状態にすると、推理小説のように凶器が見つかりにくくなるかもしれません。

この治具メタルを使ってドアのカギは複製できるでしょうか。実際に型取りして治具メタルで複製したカギは、そのままだとバリがあるので削って仕上げます。しかし、カギ穴に収まったもの、硬度や粘性が足りずに折れてしまいました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事