ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

大回り乗車を使ってコミュニティFMを聞きまくる

鉄道に乗ることを趣味とする“乗り鉄”の秘策が「大回り乗車」です。これは東京・大阪・福岡・仙台・新潟の大都市近郊区間に設定されたキップの特別なルールで、近郊区間内であればどのようなルートでも、最短距離の運賃で計算するというもの。要は隣の駅までの初乗り運賃、140円のキップで長距離移動ができるのです。


大回り乗車を使ってコミュニティFMを聞きまくる

大回り乗車でコミュニティFM局受信

もちろん大回り乗車には制約は多く、重複区間があってはダメで、路線は違っていても同じ駅を2回通過することはできません。一筆書きで、終電までに隣の駅に到着すればいいのです。

東京近郊区間で初電から終電まで大回り乗車をすれば、関東一円500kmを超える乗車も可能。この大回り乗車をしながら、「各地のコミュニティFM局を受信しよう」となり、実際に決行してみました。

スタートは南武線の府中本町駅。ここで初乗り140円キップを購入して、7時30分にスタート。南武線を南下して東海道本線に入り、時計回りに350km先の東端、友部駅を目指します。車内で受信するので、ソニーの「ICF-SW7600G」。ロッドアンテナをすべて伸ばすことはできません。カバンの中で2段だけ出して使用しました。

コミュニティFM局は、区市町村内を放送エリアにしているので、地域内の沿線で受信可能なのは当然です。受信できることが分かっているのは面白味が無いため、駅のホームから隣接市の局を狙います。

大回り乗車で受信局数を稼いだ両毛線

ちなみに、茅ケ崎駅のホーム西端では、平塚市の「FM湘南ナパサ」と大磯町の「湘南マジックウェイブ」をクリアに受信できました。

大回り乗車で受信局数を稼いだのは両毛線。沿線にコミュニティFM局が多く、次々と入感します。なお、駅での停車中はノイズが多くて、ほとんど受信できません。駅舎が遮蔽物になっているからです。

18時11分、水戸線の終点、友部駅(笠間市)に到着。4分後に来る常磐線に乗るので、ホームの東端まで走り、水戸市にある「FMぱるるん」の受信にチャレンジしました。茨城県庁の屋上から送信しているのでキャッチできるハズ…。しかし、クリアとはいかず、ノイズの中、なんとか聞き取れた程度です。

常磐線が入線して来たので乗車。泣く泣く東京駅を目指します。混雑する山手線→中央本線→南武線を乗り継いで、21時53分にゴールの分倍河原駅に到着。14時間23分、508.2kmの大回り乗車の旅で受信できたコミュニティFM局は34局。満足のいく結果となりました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事