ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

大回り乗車で新幹線に初乗り運賃で乗れる裏ワザ

日本全国の大都市を高速で結ぶ新幹線は、スピードアップのために駅間は数十kmあることが多く、初乗り運賃で乗れる区間はありません。特別に短い駅間の東京駅~上野駅・品川駅間でも、初乗り運賃の距離を超えてしまいます。しかし、JR線の運賃計算にある特例を活用することで、初乗り運賃で新幹線に乗る裏ワザがあるのです。


大回り乗車で新幹線に初乗り運賃で乗れる裏ワザ

大回り乗車を利用して新幹線に乗る

JR東日本・西日本・九州の路線には、鉄道マニアの間で「大回り乗車」といわれる乗車方法が存在しています。これは、JRの運賃計算方法にある特例を利用して、140円などの短区間の乗車券で何時間もJR路線に乗り続けるテクニックで、「大都市近郊区間」に設定されている路線のみで使えるものです。

JR各社の大都市近郊区間には現在、仙台・東京・大阪・福岡の4地区があり、各大都市近郊区間内での乗車は運賃をもっとも安いルートで計算するという特例があります。そこで、隣駅まで移動するのに100km以上大回りして別路線で行くことにより、格安で長時間の鉄道旅が楽しめるのです。

ただし、無制限に大回り乗車を認めてしまうと山手線や大阪環状線に何周も乗り続けて仮眠場所に使うこともできてしまいます。そこで、大回り乗車には「改札口を出たら精算」「同じ駅を2度通過したらそこで精算」といった制限があります。逆に、改札口を出ず同じ駅を2度通らなければ距離制限はありません。

そして、大回り乗車を活用する際のルールとして「新幹線が使えない」というものがあります。これは新幹線が大都市近郊区間から除外されているためで、東京駅から新横浜駅まで東海道新幹線を利用し、横浜線→京浜東北線経由で有楽町駅まで戻る…といった大回り乗車はできません。

大回り乗車が利用できる新幹線区間

しかし、新幹線も大都市近郊区間に組み込まれている例外がひとつあり、東海道新幹線の米原駅~新大阪駅については大回り乗車で利用可能です。ただし、京都駅~米原駅まで東海道新幹線で行き、米原駅から山科駅まで東海道線で戻るといった場合は同じ路線の往復扱いとなってしまうため、大回り乗車にはなりません。

そこで、大阪駅で初乗り運賃の乗車券を購入し、東海道線→東海道新幹線→奈良線→大和路線→大阪環状線のように乗り継いで天満駅で下車するといったルートにすれば、運賃計算ルール上は問題がないことになります。ちなみに、大阪駅と天満駅を含む大阪環状線内の初乗り運賃は、JR線で一番安い130円です。

ただし、新大阪駅~京都駅間については乗車券のほか別途新幹線特急券が必要です。新大阪駅~京都駅間の新幹線特急券は、普通車自由席へ乗車すれば特定特急料金ということで870円と割安ですが、のぞみの普通車指定席を利用すると2500円、のぞみのグリーン車であれば3270円となります。

また、この方法で大回り乗車を行う場合、ICOCAなどの交通系ICカードではなく紙の乗車券を購入することが大切です。というのも、新幹線の自動改札口を新幹線eチケットで通過するとそこで精算が発生するため。さらに、新幹線への乗車時は有人改札で「大回り乗車」として処理してもらう必要があります。

■「新幹線」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
のぞみの自由席に座るなら2号車を狙うのが鉄則
Suicaで新幹線に乗る方法はどれが一番おトク?
新幹線自由席で座れる確率をアップする方法とは
アイドルファンによる新幹線キセルの手口とは?

■「きっぷ」おすすめ記事
青春18きっぷ「一回分残し」で売るとお得な理由
青空フリーパスはとにかく広いフリーエリア
北海道フリーパスなら特急列車全制覇も達成可能
キセル乗車の一団が一網打尽となった手口とは?

■「リリイベ」おすすめ記事
アイドル無料イベント「リリイベ」が初心者向き

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事