ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

100均カー用品「油膜取りシート」セリアに軍配

100円ショップの2強である「ダイソー」と「セリア」では、カー用品が豊富に揃っているため、専門店よりも安価に入手することが可能。その中でもとくに、コスパに優れたアイテムを選抜しました。「油膜取りシート」と「洗車シート」でそれぞれの使い勝手を見ていきましょう。


100均カー用品「油膜取りシート」セリアに軍配

100均カー用品でガラスのお手入れ

排気ガスなどのシリコン成分が油膜となってガラスに付着すると、視界が悪くなって運転に支障をきたすこともあります。そのためにもフロントガラスは「油膜取りシート」で頻繁に手入れをしておきたいところです。

そこで、ガラスにシリコンスプレーで油膜を擬似的に作り、100均カー用品の拭き取り具合を比較しました。比較したのはダイソーの「窓用油膜取りクリーナーシート」(21枚)と、セリアの「ガラス用クリーナー」(20枚)です。

ダイソーのクリーナーシートは筋が横に伸びて拭き跡が残ってしまう傾向。しかも耐久性が悪く、軽バンのフロントガラスは1枚では拭ききれませんでした。

一方のセリアのクリーナーはダイソーほどではないものの、最初は拭き跡が出現。しかし、最終的にはシート1枚できれいに拭き取れました。100均カー用品の油膜取りクリーナーを買うならセリアが断然おすすめです。

100均カー用品の洗車シートを比較

サッと拭くだけで汚れ取りからツヤ出しまで可能なのが「洗車シート」。100均カー用品で、ダイソーの「洗車&WAXピカットシート」(15枚)とセリアの「ボディー用クリーナー」(10枚)を比較します。

ダイソーのシートは、洗剤成分が濃厚なのか、拭き跡が泡立ってしまい余計な手間がかかりました。一方のセリアのシートはダイソーよりも厚め。ワックス効果はありませんが、水垢と汚れはキレイに落ちます。

放置し過ぎた汚れ除去に対しては、セリアの方が効果を発揮。ただしワックス効果は期待できないため、別途ワックスシートを利用する必要があるのがやや難点です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事