ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Android搭載「モバイルプロジェクター」に感動

最近のモバイルプロジェクターはビジネスシーンのみならず、家庭用としても活用されるようになっています。そんな中、性能面で圧倒的な存在感を示しているのが、モバイルバッテリーで有名なAnker製品。Android搭載の高画質モバイルプロジェクターの使い勝手を見ていきましょう。


Android搭載「モバイルプロジェクター」に感動

モバイルプロジェクターの画質は衝撃

Ankerのモバイルプロジェクター「Nebula CapsuleⅡ」は、2018年に発売されたモデルからさらに進化。OSはAndroid7.1からAndroid TV 9.0になり、リモコン操作などが最適化。解像度は854×480ドットから1280×720ドットとHD画質化し、輝度は100ANSIルーメンから200ANSIルーメンと倍になりました。

実際に壁に映してみると、フツーに大画面テレビを見ている印象です。仕事で使っているプロジェクターと異なり、クッキリ見える画質は衝撃を受けるレベル。天井に映して、寝落ちするギリギリまで動画を楽しむことも可能でしょう。実際、付属の緩衝箱にはめると、本体を寝かせても安定して投影できます。

Googleアカウントを用意しておけば、初期設定は簡単。Androidスマホユーザーならよりスムーズです。日本語に対応しているので、指示に従って入力していけばOK。付属リモコンの反応も軽快です。また、オートフォーカスも優秀。1秒以内にピントがバッチリ合うことには感動しました。

モバイルプロジェクターで録画を再生

このモバイルプロジェクターは、Amazonプライム・ビデオやNetflixも対応しますが、まずGoogle Playで「Nebula Manager」を入手。その上で、それぞれのアプリをインストールすればOKです。

モバイルプロジェクターにGoogle Playからテレビ系アプリをインストールすると、テレビやレコーダー感覚で番組が見られます。TVerも大画面で楽しめるというわけ。リモコン操作もスムーズです。

ホーム画面右上の全般設定でHDMIを選ぶと、HDMI接続機器の映像を投影できます。すなわち、手持ちのBDレコーダーをモバイルプロジェクター上で再生可能。HD画質対応なので、地デジの録画番組も高画質で再生可能です。

このモバイルプロジェクターのバッテリー容量は9,700mAhで、サイズ/重さは約Φ80×150Hmm/約740gとなっています。実勢価格は59,800円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事