ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

三井住友ゴールドカードはVISAとMasterどっち?

「三井住友ゴールドカード」といえば、CMなどの影響もあり圧倒的にVISAカードというイメージを持つ人が多いはず。しかし、国際ブランドにはVISAだけでなくMastercardを選ぶことも可能です。それでは、三井住友ゴールドカードを作るときにはVISAとMastercardのどちらを選ぶ方がおトクになるのでしょう。


三井住友ゴールドカードはVISAとMasterどっち?

三井住友ゴールドカードは選択可能

「三井住友ゴールドカード」は、三井住友カードが発行するゴールドカードのなかでも基本的といえる存在です。年会費は1万1000円と、ゴールドカードとしては標準的な設定になっており、ETC発行手数料は無料で、家族カードも1枚までは追加会費なしで発行できます(2枚目以降は1100円)。

三井住友カードの前身企業・住友クレジットサービスがビザ・ジャパンの設立母体だった経緯もあり、三井住友カードといえばゴールドカードに限らずVISAブランドというイメージが強くなっています。しかし、現在では三井住友ゴールドカードではVISAのほかMastercardを選択することも可能です。

旅行傷害保険や国内空港ラウンジ利用といった、三井住友ゴールドカード独自の優待サービスについては、VISA・Mastercardのどちらを選択しても同じです。それに加え、VISA・Mastercardとも、それぞれのゴールドカード向けの優待サービスを用意しています。

三井住友ゴールドカードは両方作る

VISAの場合、空港クロークなど航空便を利用するのに便利なサービスが充実する一方、Mastercardでは指定レストランを2人以上で利用すると1人分無料になる「招待日和」というサービスがあります。「招待日和」は1人1万円以上のレストランも多く、1回利用するだけで年会費の元が取れるサービスです。

VISAとMastercardでゴールドカードの優待が異なることから、どちらを選ぶかで悩む人も多いでしょう。しかし、実は両方を作るのが一番おトク。というのも、三井住友ゴールドカードの場合、VISA・Mastercardの両方を発行した場合の年会費が1万3200円と、2200円の追加料金で済むのです。

ただし、VISA・Mastercardを両方発行したからといって、三井住友ゴールドカードの利用限度額が2倍になるわけではないので注意が必要です。また、ETCカードなどの追加カードも1枚のみの発行となります(家族カード分は別に発行することが可能)。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事