ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

なぜNHK受信契約を迫る人を「集金人」と呼ぶ?

地上波テレビだけでも年1万円以上かかるNHK受信料は、できることなら払いたくないと思っている人も多いでしょう。しかし、一旦NHKと受信契約を結びNHK受信料の未払いを続けていると、かなり厳しい取り立てが待っています。こうしたNHKの受信料取り立ては、「いま現金がない」といった理由だけで断ることが難しいのです。


なぜNHK受信契約を迫る人を「集金人」と呼ぶ?

NHK集金人は受信料滞納でやってくる

NHKからの直接委託、あるいはNHKの委託会社の職員として全国各地でNHKの受信契約を集めている人たちは、「NHK集金人」と呼ばれることもあります。というのも、彼らが行う仕事は「契約・収納業務」となっており、NHK受信契約を取り付けるだけでなく未払いのNHK受信料の回収も業務のひとつになっているためです。

現在ほど銀行振込や口座振替が手軽でなかった時代、NHK集金人は文字通り現金でNHK受信料を集めることが仕事のメインでした。当時は、NHK集金人をNHK自身が直接採用することがほとんど。それでも人材が不足する場合、郵便局の配達人に委託することがあり、一部地域では現在も行われています。

最近は、NHK受信料を口座振替やクレジットカードで払う人が増え、NHKの契約・収納業務スタッフの「集金人」としての仕事は減り、業務のメインはNHK受信契約を結ぶことへ移りました。しかし、NHK受信料を長期間滞納していると、彼らが未払い受信料の回収に訪ねてくることもあります。

NHK集金人はキャッシュカードも対応

NHKの契約・収納業務を行うスタッフが「集金人」として訪ねてきた際、訪問を受けた人が行いがちな対応が「いまは現金の持ち合わせがない」とその場の支払いを拒むこと。しかし、いまのNHK集金人にこの手は通用せず「現金がなくても、この場でNHK受信料は払えますよ」と切り返されてしまうのです。

NHKは、契約・収納業務を行うスタッフに訪問状況などを記録する「ナビタン」とも呼ばれる携帯端末のほか、全員ではありませんがクレジットカードなどので決済端末を持たせるケースも増えています。この決済端末には携帯電話も搭載されていて、その場で未払いNHK受信料の決済が行える仕組みです。

NHKのWebサイトによると、NHKが導入している決済端末は、VISA・MasterCard・JCBの3大国際クレジットカードブランドのほか、銀行キャッシュカードをデビットカードとして利用する「J-Devit」にも対応。そのため、クレジットカードを持たない人でも銀行口座に残高があれば未払いNHK受信料を払えてしまうのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事