ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

イオンSuicaカードを使い続けていると損をする

1枚のカードでクレジットカード・Suicaの両方に使えるカードは、JR東日本系列会社が発行する「JRE CARD」など数多くあります。そのうちのひとつ「イオンSuicaカード」は、年会費無料かつデポジット無料でSuicaが使えるカードとして人気を博したカード。しかし、いまやイオンSuicaカードを使い続けていると損なのでした。


イオンSuicaカードを使い続けていると損をする

イオンSuicaカードはJR東日本では損

イオンカードは数多くの提携カードを発行していますが、そのひとつがSuica機能がついている「イオンSuicaカード」です。イオンSuicaカードはクレジットカードとSuicaが一体になっていて、年会費無料かつデポジット無料で両方の利用が可能です。

また、イオンSuicaカードはJR東日本のポイントプログラム「JRE POINT」への登録も可能。登録後はJR東日本路線の乗車や駅のキオスクでのショッピングにSuicaを使うとポイントを貯めることができます。さらにイオンカードでもあるため、イオングループ各店での特典を受けられるのもメリットです。

このように説明すると、イオンSuicaカードはお得なカードに見えます。しかし、実はJR東日本での利用という点で見ると、JR東日本の関連会社・ビューカードが発行する「ビックカメラSuicaカード」「JRE CARD」などと比べると、損なカードになるのです。

イオンSuicaカードはときめきポイント

ビックカメラSuicaカードやJRE CARDの場合、Suicaへのチャージやクレジット決済をした乗車券・定期券については1000円につきJRE POINTが15ポイント貯まります。JREポイントは1ポイント=1円でSuicaチャージ残高へ変更できるため、還元率は「1.5%」です。

一方、イオンSuicaカードでSuicaチャージや乗車券・定期券をクレジット購入した場合、イオンカードのポイントプログラム「ときめきポイント」のポイントが400円につき1ポイント付くのみ。ときめきポイントも「1ポイント=1円」なので、還元率は「0.25%」でしかないのです。

さらに、ビックカメラSuicaカードやJRE CARDと違って、イオンSuicaカードはJRE POINTカードとして使うことができません。このため「アトレ」「エスパル」などJRE POINTカードでポイントが貯まる店舗で利用する場合は、別途JRE POINTカードを用意しなければなりません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事