ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows10「パフォーマンス優先設定」する方法

Windows10では、操作や見た目を快適にするための効果が使用されています。しかし、非力なPCではこれが負荷となり、動作を遅くする原因になってしまうことも…。そこでパフォーマンス優先設定に切り替えて、不要な効果を無効化。PCの動作を可能な限り軽くしましょう。Windows10で「パフォーマンス優先設定」にする方法です。


Windows10「パフォーマンス優先設定」する方法

Windows10にパフォーマンス優先設定

例えば、標準設定では写真のサムネイルが表示されるようになっています。便利ですが、これが動作を重くする原因。パフォーマンス優先設定にすると、サムネイルではなくアイコン表示になるため動作が速くなるというわけです。

Windows10でパフォーマンス優先設定に切り替える方法は、タスクバーの検索機能、もしくはコントロールパネルから「システムの詳細設定の表示」を開きます。

ここで一番上のパフォーマンスの項目にある、「設定」ボタンをクリック。視覚効果のタブで「パフォーマンスを優先する」を選択して保存すれば設定は完了です。

OneDriveをパフォーマンス優先に設定

Windows10標準のクラウドストレージとなっている「OneDrive」。この同期もPCのパフォーマンスを落とす原因になります。処理能力に余裕がない時は、同期を一時的に停止するのがベターです。また、不要なフォルダやファイルの同期をオフにしておくのもパフォーマンス優先に有効でしょう。

一時的に同期を停止する方法は、OneDriveアイコンから設定を開き、同期を一時的に停止。停止しておく時間も選べます。バッテリーセーバーモードや従量課金接続の時に、同期を停止する設定も可能です。

必要なファイルのみをエクスプローラー上に表示する方法は、OneDriveの設定で「アカウント」タブから「フォルダーの選択」を開きます。

フォルダツリーの中から同期しておきたいフォルダのみにチェック。チェックしていないファイル・フォルダが非表示になり、PCの負荷を軽減します。(文/中谷仁)

■「Windows10」おすすめ記事
動画を合法で保存できるWindows10の「神」機能
Windows10のログイン画面をスキップする方法
最新Windows10は市販セキュリティソフト不要
Windows10の電卓に「履歴」があるの知ってた?
Windows10視覚効果を削って高速化する便利機能
Windows10デスクトップに便利なアイコンを追加
動画キャプチャはWindows10標準機能が便利
「Zoom」をホストに内緒でこっそり録画する方法
Windows10標準機能「クリップボード履歴」使い方
Windows10の隠しコマンド「神モード」とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事