ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

受信契約を確認する人を「NHK集金人」と呼ぶ理由

NHK受信契約を新たに結ばせようと街を巡る「NHK集金人」は「深夜に訪れる」「NHK受信契約の結ばせ方が強引だ」といった不満もあちこちで上がるなど、あまり評判のよい職種とはいえません。しかし、NHK受信契約の取り付けを行うだけでの人が、なぜ「NHK契約人」ではなく「NHK集金人」と呼ばれているのでしょう。


NHK受信契約を確認する人をNHK集金人と呼ぶ理由

NHK集金人で直接契約はごくわずか

NHKと受信契約を結んでいない家庭を回り、新規受信契約を取り付ける業務は、NHK内部で「契約・収納業務」と呼ばれています。契約・収納業務は現在ほとんどが外部会社への委託となっており、NHKが直接個人と契約する、または関連会社のNHK営業サービスが行う割合は20%以下です。

契約・収納業務で街を巡る職員は、NHKの直接契約か外部委託会社のスタッフかにかかわらず、ひとくくりに「NHK集金人」と呼ばれることが一般的です。しかし、彼らの仕事は主にNHK受信契約を各家庭に結ばせることで、各家庭からNHK受信料を直接集金することはサブ業務となっています。

これにはNHK側の事情も関係していて、NHK集金人が直接現金で受信料を受け取った場合、送金業務が発生して手間がかかるためです。最近では、NHK集金人はクレジットカードや銀行振り込みに対応した端末を持ち歩くケースも増えており、こちらの決済を勧められることも多くなっています。

かつてはNHK集金人へ受信料を手渡し

なぜNHK受信料の集金を行わないスタッフが「NHK集金人」と呼ばれるかといえば、かつてはNHK受信料の集金がメインの仕事だったためです。NHKの受信料制度が始まったのはNHKが特殊会社となった1950年からですが、当時はNHK受信料はNHK職員が直接各家庭をめぐり集金していました。

当時、NHK受信料を支払う方法としては、NHK集金人へ渡すほかに銀行振込や郵便振替が存在。しかし、大半の人がNHK集金人へ手渡しでNHK受信料を支払っていたため、NHKは多数の集金人を直接雇っていたのです。また、NHK職員だけで対応できない地域では、郵便局員にNHK受信料の集金を委託していました。

1984年にNHK受信料の支払い方法に銀行口座などからの自動口座振替が加わり、口座振替料金も新設。口座振替では、金融機関に支払う手数料の方がNHK集金人による集金コストより安く、1984年当時は口座振替の方が月50円割安な設定でした。

その後、NHK受信料の支払い方法にはクレジットカードやデビットカード、さらにはQRコード決済も加わり、現在では契約・収納業務スタッフが直接集金する機会は減っています。とはいえ、まったくNHK受信料の集金をしないわけではないため「NHK集金人」の名称が残り続けているのでした。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事