ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHK集金人が廃止方針変更で復活する可能性は?

ここ2~3年で、NHK受信契約にまつわるトラブルの話を聞くことがぐっと減りました。これは、NHK自身が街中を巡り受信契約をとりつけるスタッフ、いわゆる「NHK集金人」の数を減らし続けていることが要因。2023年秋には訪問による受信契約の取り付けを全廃止することも発表されました。この状況は将来にわたり続くのでしょうか。


NHK集金人の廃止方針変更で復活する可能性は?


NHK集金人は2023年秋には廃止予定

NHK集金人は現在、NHK受信料の集金はほぼ行っていません。というのも2008年10月にNHK受信料が原則、訪問集金を廃止したためで、現在は未契約の世帯を訪問し、NHK受信契約を取り付ける業務が中心となっています。

さらに、2020年度以降はNHK受信契約を取り付けるスタッフの訪問自体が減り続けています。2020年度に関しては、新型コロナウイルス感染症の流行が大きく影響したものの、2021年度以降はNHK自身が「訪問によらない営業」を中心とする方針へ切り替えたためです。

実際、NHKが「契約・収納業務」と呼ぶNHK受信契約の取り付け業務について、かつては200社以上と委託契約を結んでいました。しかし、2022年11月現在ではわずか19社へと減少。NHKは2023年秋には、委託契約を廃止するとも発表しているため、今後も委託会社が減り続けることは確実です。

NHKの説明によると「訪問によらない営業」は、イベントなどでの広報活動や文書による案内などが中心となるため、NHK集金人に訪問されることは少なくなります。しかし、気になるのは、この方針がどの程度続くのかという点です。


NHK集金人の廃止方針が変更の可能性

NHKが「訪問によらない営業」へ方針転換した背景には、現在のNHK会長によるリーダーシップが大きかったといわれ、過去の会長会見においてもそのような発言がありました。しかし、現NHK会長の任期は2023年1月まで。会長自身が再任はないと繰り返し発言しています。

また、NHKの経営計画は現在2021~2023年度の3年間については発表されているものの、2024年度以降については2023年1月に就任する新会長のもとで策定。このため、今後の受信契約数の推移や新会長の判断次第で、NHK集金人による訪問が復活する可能性も残されているのです。

NHK会長は、放送法上NHK経営委員会が任命する規定になっています。また、経営委員会にはほかにも副会長・理事の承認、事業計画の決定など幅広い権限があり、株式会社に例えると、経営委員の委員は委員会設置会社における取締役、会長・副会長・理事は執行役にあたります。

2022年7月には、NHK経営委員会のなかに指名委員会が設置され、現在は次期会長の任命に関する議論が進められています。前回会長を任命した2020年のケースでは、11月に現会長が推薦候補として発表されそのまま任命されているため、今後1か月ほどの動きから目が離せません。

■「NHK集金人」おすすめ記事
NHK集金人(訪問員)廃止で来なくなったら受信契約が減少
NHKの断り方で訪問員(集金人)へ絶対にNGの一言とは
NHK受信料の断り方ではカーナビやスマホ所持を訪問員に知らせない
ケーブルテレビ(CATV)のNHK受信料の断り方とは?

■「NHK」おすすめ記事
NHKのBSメッセージ消去で地上契約のみがバレることない裏ワザ
NHK未契約は無視するのが訪問員や郵便物への正しい対処法
NHK家族割引の裏ワザで受信料を半額にする方法
NHK解約の裏ワザで手続きをスムーズに進める方法
NHK解約を引越しのタイミングで成功させる裏ワザ
NHKプラスは登録しないで見る方法はあるのか?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • NHK受信契約の管理システムの意外な名前とは?
    NHK受信契約の管理システムの意外な名前とは?
  • NHK集金人を自宅へ呼び込む危険な手続きとは?
    NHK集金人を自宅へ呼び込む危険な手続きとは?
  • 最高裁でも棄却されたNHKのトンデモ主張とは?
    最高裁でも棄却されたNHKのトンデモ主張とは?
  • NHKは引越しで自動解約になっている実態とは?
    NHKが引越しで自動解約になっている実態とは?

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次