ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

予算5千円でも安くても頼れるおすすめドラレコ

最近では5千円前後の格安ドライブレコーダーがAmazonなどで大量に販売されていますが、価格相応の粗悪なものやレビューは高評価ながらステマっぽい書き込みも散見され、商品選びが難しいところ。そこで実際にドライブレコーダーを試して分かったオススメのお買い得品を紹介しましょう。


予算5千円でも安くても頼れるおすすめドラレコ

日本製で5千円を切る低価格ドラレコ

MOVIOのドライブレコーダー「MDVR104FHD」は、日本製でありながら5千円を切る低価格に加え、画質はフルHDでコストパフォーマンスは抜群な一品です。

本体サイズはルームミラーの後ろにもすっぽり隠せるほど小型なので、視界の邪魔になりづらいこともうれしいポイント。ドラレコデビューにはもちろんのこと、後方用のサブ機にも有効な1台です。

このドラレコは本体がとにかく小さいことが特徴。ルームミラーの後ろに隠れるように設置しておけば、存在感はほぼゼロです。エンジン始動でスタートするため、ドラレコの存在を意識せず運転できます。

夜間のドラレコ映像は色味がしっかり

実際に昼間のトンネル内を撮影してみたところ、映像は精細感はやや欠けるものの、ナンバーの判別は十分可能なレベルでした。トンネルに入った瞬間の明るさの変化にも、素早く対応できていたのは高評価です。安価なモデルだとこれができずに、1~2秒、画面が真っ暗になってしまうこともあります。

夜間のドラレコ映像は、暗い道でも前方の車両をしっかり捕らえていました。赤外線LEDによる補助はありませんが、ナンバープレートは読めるレベルなので、この価格帯では合格の画質でしょう。夜間でも色味がしっかり出ているので、信号やクルマの色を正確に識別できます。

解像度は1920×1080ドット(30fps)、保存形式はAVI、画角は70度、画面サイズは1.5インチです。サイズ/重さは66W×41H×31Dmm/40gとなっています。実勢価格は4,780円です。(文/松嶋三郎)

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事