ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ワンタッチでセット可能なオービス警報器とは?

そもそも、レーダー式のオービスやネズミ捕りの存在を探知するのがレーダー探知機。その後、光電式取り締まりの普及やループコイル式オービスの導入で、GPSによる位置情報で取り締まりポイントを警告するGPSレーダー探知機が主流となりました。そこで、レーダー探知機能を省いたスピード取締り警報器を紹介します。


ワンタッチでセット可能なオービス警報器とは?

GPS機能だけでスピード取締りを警告

いわゆるGPSレーダー探知機から、レーダー探知機能を省いてGPS機能だけで警告を発するようにした新発想のスピード取締り警報器が、セルスター工業の「GR-91」。実勢価格は8,800円です。

レーダー探知機能を省いたことで、シガーソケットに挿すだけでセットは完了。レンタカーやカーシェアのユーザーでも手軽に設置できます。とはいえ、6種類76基の衛星からの信号を受信して、28種類33,000件以上の取り締まりポイントなどを警告してくれる本格派です。

セルスター工業としては2代目になる「GR-91」は、全国的に導入が進むいわゆる小型オービスにも対応。毎月無料で配信されるGPSデータで、常に最新のスピード取り締まり情報を利用できます。

オービスのスピード取締り警告は赤色

警告の種類は、オービスをはじめとした無人式のスピード取り締まりと、ネズミ捕りや一時停止のような取り締まり、さらにゾーン30や検問所などさまざま。それぞれ音声に加えてオービスは赤、移動式オービスと取り締まりポイントは黄、警察署などの注意すべき場所は緑という3色のLEDで警告してくれます。

オービスなどの警告は、約1km(高速は約2km)手前から警告を開始。自車の進行方向もGPSで把握しているので、オービスに関しては進行方向が逆の場合、鳴動しません。走行速度が制限速度を超えている場合は「危険です!スピードを落として…」と警告してくれます。

ただし、移動式オービスや取り締まりポイントに対しては、同心円の範囲で鳴動する仕組みです。サイズは45.5WX56H×23.5Dmmで、重さは65gとなっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事