ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

岐阜県のドライブにおトクなETC乗り放題プラン

愛知県と富山・石川県に挟まれた岐阜県には、小京都・高山や日本アルプスなど、観光スポットが数多く存在。秋のドライブでぜひ訪れたい県です。その岐阜県内を東西・南北に走る高速道路路線がETC限定で乗り放題になるプランがNEXCO中日本から発売中です。とくに南北の利用でおトクになるETC乗り放題プランを見ていきます。


岐阜県のドライブにおトクなETC乗り放題プラン

岐阜県内の高速ETC乗り放題プラン

「快走G割!岐阜県周遊ドライブプラン」は、文字通り岐阜県内の高速道路路線がETC限定で乗り放題になるプランです。購入に際しては、NEXCO中日本の会員サービス「速旅」への登録が必要で、高速道路の利用当日まで申し込みOKです。

このプランでは乗り放題のみと富山県・石川県のIC発着のものを用意。いずれもETC乗り放題エリアは、中津川IC・土岐南多治見IC・春日井IC・養老IC・関ヶ原IC・大垣西IC・関広見IC・五箇山ICで囲まれた路線となっていて、岐阜県内の全ICに加えて愛知県北部、合掌造りで有名な富山県の五箇山が含まれています。

価格は、乗り放題のみの場合2日間用が普通車5300円、3日間用が6300円。富山県・石川県発着の場合は2日間用のみで普通車7800円で、発着エリアは北陸道金沢西IC~富山ICと小矢部JCT(能越道からの連続走行OK)・南砺スマートIC・福光ICとなっています。

ETC乗り放題プランは南北利用が割安

さっそく、岐阜県周遊ドライブプランをどのように活用するとおトクになるかを考えてみます。岐阜県は東西の距離は短いため、休日割引の場合、中津川IC~関ヶ原ICの通行料金は普通車で片道2050円にしかなりません。このため、このETC乗り放題プランは岐阜県を東西に横断するようなドライブにはあまり向いていません。

一方、名古屋方面から白川郷や五箇山まで行く場合、小牧IC~五箇山IC間の通行料金は休日割引で普通車往復5900円となり、ETC乗り放題プラン利用の方が600円割安。そこで、高山を含めた飛騨地方へのドライブに活用するとおトクになるといえます。

逆に、富山県・石川県発着プランの場合は、北陸に近い飛騨地方を巡るには不向きで、岐阜県南部、そして愛知県ではありますが観光スポットが集まる犬山などへのドライブで活用したいプランです。なお、砺波・小矢部・南砺波スマート・福光ICの各ICからの場合、ETC乗り放題プランのみを利用した方が割安です。

さらに、金沢・富山からのビジネス利用を考えると、ETC乗り放題エリアに名古屋高速と接続する小牧IC・一宮ICが含まれるため、名古屋出張に活用すると便利です。例えば、金沢西IC~小牧一ノ宮ICの場合、ETC利用の平日料金が片道5340円なので、ETC乗り放題プラン利用で往復約2900円おトクになる計算です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事