ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

トヨタのハイブリッド車「整備モード」コマンド

2017年に登場したトヨタの「ヴィッツ ハイブリッド(HV)」は、同社のプリウスやアクアの系譜を受け継ぐハイブリッド仕様で、当然ながら両車と同様の隠しコマンドが存在します。さっそく、トヨタの人気ハイブリッド車に共通する「整備モード」に入るための隠しコマンドを見ていきましょう。


トヨタのハイブリッド車「整備モード」コマンド

トヨタは隠しコマンドで整備モード

ヴィッツ ハイブリッドは、パワーオフ状態で隠しコマンドを入力すると「整備モード」「認証モード」へ突入します。整備モードは、EV/HVモードを一切利用しないEGモード。エンジンのメンテンナンスや、車検時に測定を行いたい時に使用します。

認証モードでは、HV/EGを使うことなくTRC(トラクションコントロール)がOFF。エンジン出力でなく、モーターによる細かい出力調整のみとなり、より精密に滑り出しを細かく制御することが可能となります。

トヨタのハイブリッド車に共通の「整備モード」に入る隠しコマンドは、まずA/C OFFの状態でPOWERボタンを2回プッシュ。そして「P」レンジを確認したら左ブレーキをしっかり踏み、アクセルペダルを2回ベタ踏みします。なお、ブレーキは最後まで踏みっぱなしです。

トヨタの整備モードで強制充電する

続いて「N」レンジに切り替え、アクセルペダルを2回ベタ踏み、再び「P」レンジに切り替え、アクセルペダルを2回ベタ踏みします。液晶に「整備モード」と表示されたらPowerボタンを押すのです。

また、同じ手順でアクセルの踏み込みを各3回ずつに変更すると「認証モード」の隠しコマンドとなります。プリウスやアクアなどトヨタの人気ハイブリッド車でも応用可能です。

ハイブリッド車の場合、通常は停車状態だとアイドリングが止まる仕様。トヨタのハイブリッド車の隠しコマンドで整備モードに入るとエンジンのみとなり、バッテリー容量が不足している時に強制充電ができたり、車検時にはアイドリングの測定が可能となります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事