ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

3カメラで全方位を記録する最強ドラレコを検証

あおり運転対策として近年注目を集めているのが「ドライブレコーダー」です。前後対応の2カメラタイプが主流となりつつありますが、車内も撮影する3カメラタイプなら後続車のあおり行為だけでなく、トラブル時の車内もしっかり撮影できます。3カメラで全方位を記録する最強ドラレコを見ていきましょう。


3カメラで全方位を記録する最強ドラレコを検証

3カメラドラレコでトラブル時も撮影

前後対応の2カメラ式が主流となりつつある中、「YAZACO P3 Pro」はフロント・リア・車内の3つのカメラを備えるモデルです。後続車のあおり行為はもちろん、トラブル時の車内もバッチリ押さえられます。

フロントカメラは4K撮影に対応し、全カメラにソニー製のCMOSセンサーを搭載。車内カメラは赤外線LEDライトを備え、夜間も確実に記録可能です。車内カメラ・フロントカメラは本体に搭載されています。

実際に、3カメラタイプのドラレコをセットして、日中と夜間を走行して、その撮影映像をチェックしてみましょう。日中は先行車、後続車ともにナンバーをしっかり記録できました。

3カメラドラレコは証拠撮りには十分

3カメラタイプのドラレコ映像は、フロント140度、リア160度と画角も広く、歩道まで捕らえられるのはうれしいところ。夜間はやや白飛びしますが、トラブル時の証拠撮りには十分なレベルでしょう。

記録解像度は任意で設定可能。最高画質はフロント2160p(28FPS)、車内・リアが1080pです。このほか、カメラの角度は調整可能。取り付けるフロントガラスの角度に合わせられます。

YAZACO P3 Proの解像度は4K(フロントカメラ)、1920×1080ドット(車内、リアカメラ)です。記録メディアはmicroSDカード(最大512GB)、サイズ/重さは5.5W×14H×3.5Dcm/170g(フロント・車内カメラ)。実勢価格は29,999円です。

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事