ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービス警報付き360度ドライブレコーダー登場

ドン・キホーテのオリジナルブランドである「情熱価格」は、トレンドを押さえた機能と破格の安さが魅力で、新商品が出るたびに話題になっています。特にドラレコには力を入れているようで、2020年4月にも新たなモデルが仲間入りしました。それがオービス対応の360度カメラ搭載ドライブレコーダーです。


オービス警報付き360度ドライブレコーダー登場

360度ドラレコで交通取り締まり対策

「360DVRK95-BK」は、2019年に発売した360度撮影対応モデルをリニューアルしたもの。本体のハード部分は同じですが、新たにGPSアンテナを外付けにし、オービスの警告機能を搭載しました。

ドラレコでありながら、オービスに近づくと「500m先にオービスがあります」と音声で知らせてくれます。録画しながら交通取り締まり対策も行えるというわけです。

実際にテストしてみたところ、Hシステムのオービスの約500mほど手前から、画面表示と音声にて警告。位置精度は高く、オービスまでの距離は正確でした。なお、オービスの位置情報はWebサイト「オービスガイド」提供で、毎月アップデートで最新情報に更新できる仕様です。

360度ドラレコは面倒な配線が不要

360度ドラレコの録画映像は、マルチウインドウモードで撮影すると、サイドまでしっかり撮影できました。ドライブ中、車内の映像は必要ではないかもしれませんが、駐車監視時には心強い機能です。

昼間の映像は、明るくクリアで、ナンバーの読み取りはもちろん、色の識別も問題ありません。ただし、HDR機能は非搭載です。夜間の映像は、やや暗めで黒つぶれしやすいものの、5m先のナンバーは読み取れました。黄色や赤色がやや強い印象です。

なお、ビューワソフト「VeeseeGO」を利用すると、走行場所を地図で確認できます。バッテリーが内蔵されているので、面倒な配線不要で駐車監視機能も利用できるのも魅力でしょう。

オービス対応の360度ドラレコの動画解像度は1440×1440ドット/27,5fpsで、画角は360度です。保存形式はTS、JPG、駐車監視機能に対応します。記録メディアはmicroSDカード(最大64GB)で、サイズ/重さは95W×68H×43Dmm/約100g。実勢価格は16,280円です。

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事