ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スカイラインGT-R盗難が多発「25年ルール」とは

各種の規制でアメリカは右ハンドル車の輸入ができません。しかし、製造から25年が経過するとクラッシックカーとして扱われるため、輸入が可能になります。これがアメリカの「25年ルール」です。そして今、この25年ルールによって、日本専用モデルの日産・R32スカイラインGT-Rの盗難が多発しているのでした。


スカイラインGT-R盗難が多発「25年ルール」とは

25年ルールが中古価格の高騰を招く

アメリカの国内で販売されていないクルマは、アメリカの安全基準や排ガス試験を通っていないということ。このため、基本的には個人が輸入しても一般道を走ることができません。

しかし、製造から25年が経過した車種に関しては「クラシックカー」として登録できる制度があります。クラシックカーとして認められると、アメリカの安全基準や排ガス試験をパスせずとも、輸入が可能になります。これが「25年ルール」です。

つまり、製造から25年以上を経過しているクルマについては、右ハンドル車が輸入できないなどの規制があるアメリカでも、容易に輸入できるようになります。この25年ルールが、特定の人気車種の中古価格高騰につながり、ひいては盗難多発という現象まで招いているのでした。

日産の「R32スカイラインGT-R」は日本はもとより、海外でも人気の名車として知られています。製造されたのは1989~1994年です。

25年ルールでスカイラインGT-R盗難

25年ルールによってR32スカイラインGT-Rの輸出が始まったのは2014年からでした。その後、程度の良い車体がアメリカのオークションで1千万円で落札されたこともあって、国内の中古車相場が高騰したのです。

パトカーにも採用されたR32スカイラインGT-Rの総生産台数は、当時としては比較的多い4万3661台。それでも、程度の良い中古車は新車価格(450万円)を超えることもあるほどです。

こうして、1990年代のセキュリティレベルであるR32スカイラインGT-Rの盗難が多発することに…。盗難車は、事故車や走行距離10万km以上の車両、スポーツ走行でボディが痛んでいる個体などと合体させて1台を作ったり、パーツとして海外に持ち出されます。

次モデルのR33スカイラインGT-Rの製造開始は1995年。こちらも25年ルールの適用がスタート。歴代スカイラインGT-Rの盗難が、今後ますます増加していくことが懸念されています。

■「自動車盗難」おすすめ記事
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
車の盗難防止策が100均アイテムで破られる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
リレーアタックに続く「コードグラバー」とは?
コードグラバーによる最新クルマ盗難の手口とは

■「カーセキュリティ」おすすめ記事
ナンバープレートの封印がゴムホースで外れる!?
車上荒らしが使うオリジナル解錠ツールを検証

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事