ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

最新クルマ盗難の手口「コードグラバー」とは?

2019年「リレーアタック」がクルマ盗難の手口として話題になりましたが、より巧妙かつ簡単なクルマの盗難手口が最近報告され、注目されています。「コードグラバー」は、スマートキーの電波をキャッチし、IDコードをコピーしてしまうというもの。本来スペアキーを作る機器を悪用したと考えられるクルマ盗難の手口がコードグラバーなのです。


最新クルマ盗難の手口「コードグラバー」とは?

コードグラバーはエンジンも始動可能

クルマ盗難の最新手口「コードグラバー」は本来スペアキーを作る機器なので、ドアのロック・アンロックはもちろん、イモビライザーにも連動してエンジンの始動も可能。これを悪用している手口のようです。

「最近、コードグラバーの対策を相談しに来るお客様が増えました」と語るのは、千葉県市原市のカーセキュリティショップ「コンプリート」代表・雑賀宗昭氏。雑賀氏によると、「どうやら正体はロシア製のキーデュプリケーターのようで、クルマのオーナーがドアをロックする時に発する電波を拾います」とのことです。

「ドアをロックする際、その都度アンロックコードが作製され、それが一致しないと開錠できないのですが、コードグラバーはそのコードすらも解読。100mほど距離があっても電波を拾えるため、非常に危険です」と言います。

コードグラバーに有効な対策とは

雑賀氏は「コードグラバーもリレーアタックと基本的な対策は同じ。スマートキーだけで開錠できないようにすればいいのです」と言います。そこで有効なのが「KEYLESS BLOCK」です。

車両に取り付けると、スマートキーでドアをロックした際にスマートアクセスのプログラムも同時にロック。開けるには、キーフォブかスマホのBluetoothでKEYLESS BLOCKを開除する必要があります。

「別系統のスマートロックを導入して、その持ち主にしか開けられないようにする」のが、ベターとのこと。また、物理的に車両を動かなくするハンドルロックやホイールロックも一定の効果があるそうです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事