ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

2万円を切るリアカメラ付き360度ドラレコの画質

近年、広く普及しているのがドライブレコーダー。2020年は前後対応モデルが普及しましたが、2021年は360度対応がトレンドです。前方・車内・左右を記録できるため、トラブル時でも心強い味方となってくれます。そこで、リアカメラ付き360度ドラレコながら、2万円を切る価格が魅力の1台の気になる録画画質をチェックしてみました。


2万円を切るリアカメラ付き360度ドラレコの画質

360度ドラレコはタッチパネルで操作

サンコーの「3インチ360度ドライブレコーダー&リアカメラ」は、数あるドラレコの中でも最安レベルの価格設定。その分GPSが省かれていたりするのですが、リアカメラ付きで2万円を切るこの価格は魅力的です。

デフォルトの表示スタイルは各方向5分割のもの。タッチパネル式の操作となっていて、リアカメラ部分をタップすると全画面表示になるなど、使い勝手は悪くありません。

取り付けは粘着テープのほか吸盤もセットされており、カメラ部分のみ角度調整も可能など幅広い車種に対応できます。

昼と夜で実際に走行して360度ドラレコの録画画質を確認したところ、高性能な撮像素子を搭載した製品に比べると精細さが劣るように見え、特にリアカメラの画質は価格相応といったところでした。

360度ドラレコでアクシデントを記録

HDRなどの画像処理は搭載していないようで、明暗差の激しい夜間やトンネルの出入り口での白飛びはやや気になります。360度ドラレコとして、アクシデントの記録用としては必要最低限の画質は確保しているといえるでしょう。

ビューワソフトは「VeseeGO」を使用。本体ディスプレイでの表示をそのままPC上で再現したようなスタイルです。マウスで方向を変更することもできます。ただし、リアカメラ映像との同時再生はできない模様。これはやや残念なところです。

フロントカメラのサイズ/重さは93W×63H×31Dmm/103gで、解像度は1440×1440ドット(24fps)、画角は360度。リアカメラのサイズ/重さは22W×22H×22Dmm/93gで、解像度は640×480ドット(16fps)、画角は80度です。

保存形式はTS/H.264で、記録メディアはmicroSDカード(最大128GB)となっています。実勢価格は19,800円です。

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事